Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=2388
2008.05.23 Friday

達成感は蜜の味。目標と一緒に「ルール」を決めよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
ご報告が遅れてました。
私のダイエットは4月10日を持って終了いたしました。
と、いうのも「ゲームセット」したから。

私の場合は「ジーンズのサイズを2インチ下げる」でした。

そもそも、ダイエットを決心した経緯が、
年末に大きな鏡で自分の後ろ姿を見たのがきっかけ。
当時つき合っていた彼に「セルライトが酷い」と
超的確な指摘を受け、よくよく見てみたらホントに醜い。
キモチワルイと言って良い。

ちょうどピルを飲み始めて半年を超え、
女性ホルモンの働きで太り加減がMAXになっていた。
とはいえ、下半身に集まり過ぎじゃないの?

そもそも「セルライトってなんなのよ」と調べてみると、
医学的に存在が認められてないそうで、
「痩せれば取れる」という言葉を励みにダイエットを始めることに。

そのとき決めたのは「目標」と「ルール」

目標はもちろん、どのくらい痩せるか、ということ。
体重を目標にしても良かったのだけれど、
私は下半身が痩せたかった。
セルライトがとりたい。
だからとりあえず「ジーンズのサイズを2インチ落とす」ことを目標にする。

そしてルールとはタブーのこと。
○○をしたら(なったら)ダイエットは中止する。
私が決めたルールは2つ。
・肋骨が浮いたらダイエット中止
・体調壊したらダイエット中断
これをやっちゃったら私の負けだ。

ダイエットは突然痩せたりはしないけれど、
痩せ始めると結構一気に減る。
そして、しばらく止まらない。

3月下旬。
食事制限のせいか、夕方になると顔が青くなり、
フラフラするようになったのでコレでゲームセット。
食事制限を中止。
事実上、私の「負け」だ。

忙しくてしばらく行けなかったのだが、
展示会の搬入日、ディーゼルにジーンズを買いにいく。
去年ピタピタだったスキニーがただのスリムになっていたので、
かなり期待していたのだけれど、結果は1インチダウン。
でも、セルライトはなくなったよ!

仕事でも恋愛でも友情でも、
相手がいる限り思い通りになることなんて何一つありはしないけれど、
唯一、自分のカラダくらいは思い通りにコントロールできる。
食べなきゃ痩せるし、動けば絞まる。

仕事が忙しくて、
恋愛がうまく行かなくて、
お金が近年まれに見るほど全くなくて、
何をよりどころにして良いのか分らないくらい、
(実は)どん底だった1〜3月。

ダイエットは私の体形と健康を守ってくれた有意義な趣味だった。
朝は低脂肪乳でフルーツグラノーラを食べ、
昼は家から持参したお弁当を必ず全部食べる。
夜はりんご1コ。
(友達との夕飯の約束などでは普通に食べる)
お金もかからない…!

体調を壊すと言うルール違反によってゲームセットで終了したダイエットだけれど、
始めるきっかけとなったセルライトは見事に消えたし、
結果オーライ。

今は更なる「目標の足」目指してセルフマッサージとウォーキングを趣味としています。
風呂上がりには脂肪燃焼ジェルとか塗ったりね。
ヒップアップ効果のガードル履いたりよ。

美容・健康に志を持ちつづけるのは大切だし、
とっても良い趣味だと思うけど、満たされない欲求は何よりつらい。
高すぎる目標に自分の努力が認められないなんて本末転倒だ。

手の届く目標とやりすぎないルールを設けて、
自分の努力を楽しめるダイエットをお勧めする。

仕事だって習い事だって達成感が大切だ。
ダイエットという趣味を楽しめるように、
達成感と言うご褒美を自分に与えてほしい。

そんなわけで私のダイエットライフは現在セカンドステージ。
目標は3センチのヒップアップ。
ルールは締め付けによる浮腫み。

ひとまずこのダイエット記事はこれにて閉幕。
40過ぎにはマドンナ目指してレオタード着たいです。

…うそです。
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=2199
2008.03.20 Thursday

食わなきゃ痩せる、コレ明白

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
ダイエットで一番威力を発揮するのは、
運動よりデトックスより何より食事制限でしょう。
当たり前すぎて見落としそうですが食わなきゃ痩せます。

1週間飲まず食わずでいれば10キロは痩せます。
(スタートラインにもよるけど)
酷くカラダを壊すけど。
それってダイエットじゃなくてただの断食だし。
健康を保ってあばら骨も浮かさず、
膝に痣も作らないのがダイエットです!
(10キロ突然痩せた時は動くと骨がぶつかって足がアザだらけになったよ)

基礎代謝って知ってますか?
生きて行くのに必要なカロリーです。
成人男子でおよそ1500/日、成人女史で1100/日カロリーほどだそうです。
だから、これくらい採っておけば、
太りもしなきゃ病みもしない数字ってわけです。

コンビニでおいしそうなお弁当に手を伸ばし、
そのカロリーを見ると平気で800、900カロリーと書いてあり、
1100カロリーがなんて高いハードルなんだと気を落としたこともありますが、
40分歩いて140カロリーなんですよ。
800カロリーを消費するのに40分ウォーキング6セットと思うと果てしない数字ですが、
たった40分歩いたくらいで、1日の必要カロリーの1/8も使っちゃうのかと思うと、
やっぱり歩くことって結構な運動なんだなぁと思いませんか。

そーなんです。
1100カロリーは高いハートルではなくて、
食べ物が濃すぎるってことですよ。
サイズの合わない服を着ているようなものです。

でもね、
凄く大切なことは
何のために痩せるのか、
ということだと思います。

そもそも論ですが、
食事を採ることに幸せを感じるタイプの人の場合、
たとえ「サイズの合わない服」と分っていても、
そこに袖を通せないことはとっても苦痛です。

本当に似合う服を着るのが、
本人にとって必ずしも幸せとは限りません。

着たい服を着ることで、満たされる人はいます。

そのダイエットは本当に自分のためかどうか。
他人のため、世間体なんてストッパーはとてももろいものです。
「どうしても痩せたい」という気持ちが
食欲や睡眠欲を上回る欲求まで高まっているかどうか、です。

太っていることは罪ではないし、
それが不格好とするのは人それぞれです。
それで自分自身は何が幸せかということ。
中途半端に手を出すくらいなら、
最初からやらない方が精神衛生的によろしいと思うのです。

そんなわけで、
高カロリーな食事を気にせず味わえる蜜月から、
思い通りの体形へ思いを馳せる「蜜月」へ
シフトチェンジしていくのです。

目標に向かって、
思いっきり努力できるということは幸せなもののはずです。

具体的に私の場合は
朝食:低脂肪乳+フルーツグラノーラ+冷凍ブルーベリー
昼食:お弁当
夕食:りんご
趣向品:トールカフェミスト(低脂肪乳)

※ダイエットに不足しがちなカルシウム・マグネシウムを接種するため、
1日200mlの牛乳は不可欠。ただし、低脂肪乳以下で。
※お弁当は家から持参。食べ過ぎ、食べなさすぎを回避
※コーヒー自体はやめられないので、
スタバはエスプレッソが使われるラテからミストに移行。
※その他飲み物は必ず「ホット」、できればお湯を飲む

を、そんなこんなで1ヶ月続けたら5キロ痩せました。
おっしゃー!
意外と飽きないのよね、フルーツグラノーラとりんご。
もともと偏食のクセがあるので同じものを食べ続けてもけっこう平気。

あと2キロほど落としたいのですが、目標は体重にはありません。
新しいジーンズのサイズを2インチ落としたいんです。
体重は「あと2キロくらいかな?」という目安です。
なぜ2インチなのか、理由はなく、ノリです。

とはいえ、時にイレギュラーはあります。
最近女子日が近いのか、夕方になると血糖値が下がって顔が青ざめます。
これは完全に不健康です。遺憾です。
だから青ざめるのが治るまで、夕飯を食べることにしました。
それはそれで楽しもうと。

身体を壊したら私の負け。
肋骨を浮かせても私の負けです。
ダイエットは中止しなくてはなりません。
生活と健康に害を及ぼさない程度の趣味として嗜む。
それが私のルール。

ダイエットシリーズも多分次で終結。
最後は雑感とまとめです。
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=2180
2008.03.11 Tuesday

運動が好きなら最初から太らないと思う。どうしよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
私の仕事はデスクワークだ。
毎日8時間以上机に肘ついてモニターを眺めている。
それがかれこれ10年だ。

その前の青春時代も、やっぱり机にかじりついて漫画書いてたので私のオシリと一番仲が良いのは椅子だと思う。漫画家になりたかったから毎日朝まで漫画書いてた。

改めて考えると全体的に運動の足らなさが積年している。
きっとベッドより長い時間を椅子で過ごし、その他をベッドで過ごしていて、全然動いてない。
そりゃいきなり運動できるわけない。

去年、富士山登頂を目前に1ヶ月ほどジョギングしていた時期があったけれど、登れちゃったから、富士山。
そのうち冬が到来し、いよいよ動く機会がない。

ならば、日常生活で運動の置き換えを行うしかないなと、自転車通勤を封印し、徒歩出勤に切り替えた。
代々木→恵比寿、三軒茶屋→渋谷など、徒歩出勤のダイエット先駆者に話しを伺う。
コツはいかなる日も「歩く」ことだそうだ。
雨が降っても、風が吹いても、風邪を引いても、酔っぱらっても、出勤が早くても、徹夜明けでも、絶対歩く。

それを忠実に守った。

もちろん、得意の机に肘をついた情報収集は欠かさない。
さらに、「なるべく早足で」「上体を起こし30メートル前を見るような姿勢で」「後ろに伸ばした裏太ももを意識して」「鼻で息をして」「両腕はしっかり引き」歩くべし!べし!

歩くのは得意なので意外と苦なく続いている。

先日、ケータイを機種変した。
機種編の理由は「ロックナンバーを失念した」という突発的なものだったため、欲しい機種など特になかった。
店員の進めるがママに購入したのは「W61CA」カシオだ。
ペンギンのキャラクターがかわいい。
そこについていたアプリがおもしろい。

au SMART SPORTS

au Smart Sports キャンペーンサイト


GPS通信で走行距離やカロリー計算はもちろんのこと、走行したルートがマップに表示されたり、平均速度が分る。
しかも、その「ワークアウトデータ」(言い方がカッコイイ…)をPC・ケータイの両方から管理することができる。
お…おもろいやないの。


マイワークアウト

私の毎日の通勤経路は片道4.2キロ、消費カロリー147カロリー、タイム40分、平均速度6.4キロ。
私の年齢と背格好での目標走行距離平均値が3.5キロなので、これは片道でクリアー。
1日8キロ、というのがau SMART SPORTSが私に定めてくれた目標なので、これも往復でクリア。

なんだか応援されているようで嬉しいし、ゲームみたいで楽しい。
ログインしたときに「現在、625人がワークアウトしています」のメッセージも楽しいし。

Nike+iPodなくてもこれならauケータイで始められるし、ライト会員なら無料だし(十分)、Run&Walkがデフォルトで入ってないくてもダウンロードできるみたい(ページ下部に対応機種リストあり)だし、良いもの見つけた。

とりあえず、先天的な運動嫌いは、しばらくはこれで、クリア。

つづく。
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=2177
2008.03.10 Monday

セルライトは痩せたらとれる?ダイエット決意する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
何か嫌なことがあったとき、心のすき間を食べ物で埋め、太ってしまう方もおりますが、私の場合は逆。
もともと食べ物に対する執着心が低く、1ヶ月たまごかけご飯しか食べなくてじんましん出したり(栄養失調)、1ヶ月肉・野菜を食べなくて舌がしびれたり(栄養失調)してしまうほど。
メンタル面にダメージを受けると食事が喉を通らない加減はハンパなく、液体以外受け付けなくなることもしばしば。
でももうオトナですからね、気軽にカラダを壊すわけにはいかないのです。

そんなこともあり1月から地味にダイエットを続けているのですが、
最近結果が出て来た気がするので綴ることにします。

きっかけは純粋に「1度しっかり痩せてみよう」という決意から。

年末に久々に銭湯へ行き、煌煌と光る蛍光灯の下で自分の後ろ姿を鏡で見たときに愕然としました。
絵に描いたような洋梨体形。。
目につく部分には肉がつき難い体質をしているので私から「太っている」印象を受ける人はいないのですが、座り仕事&オトナのオンナ独特の質感がすっかり身に付いてる。
私を何より失望させたのは太もものセルライト。
ギリシャ時代の女神かというくらいにベコボコしやがって。

そこで「セルライトは老廃物だからハンドマッサージでプロに揉んでもらわねば取れない」という美容業界の常識に従い、脚痩せエステを検索。
すると一通りの結果が出るまでの総費用がどう安く見積もっても80万円…
放っておいたら復活するセルライトに、そんなに投資できない…

そこで他に良い方法はないかと検索することに。
根本的に「セルライト」ってなんなのか、を、再度。
ウィキペディアで目を疑う記述を発見した。

セルライト(Cellulite)は、-中略- 医学的にも存在は確認されていない。

さらーに

セルライトを否定する立場からは、セルライトと呼ばれているものは普通の皮下脂肪と変わりないので、運動とカロリー制限を組み合わせることによる通常のダイエットで皮下脂肪が減少すると、その凸凹の脂肪も減少し目立たなくなると反論している。


普通に痩せたらなくなると。
それならば試してみる価値、あるんじゃないかと。
人生で初めて真面目に「ダイエット」へ取り組む決意をした1月だった。

つづく


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要