Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=4080
2014.04.18 Friday

アンと花子とプリンス・エドワート島の魅力満載。未公開写真UP!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
20140417_075529_01.jpg
(多感な時期のアンさんにポーズを指定して記念写真を撮らせてもらう小生。Photo by 平田さん!)
 
プリンス・エドワード島州政府観光局のブロガーイベントに参加してきたコヤナギユウです!
(書きたいネタがスタックし続けてしょうがないからすぐ書くよ!)

会場は……カナダ大使館!
 
続きを読む >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=4062
2014.02.04 Tuesday

赤毛のアンの島、プリンス・エドワード島行きペアチケットが当るキャンペーンを発見

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
IMG_4619.jpg


カナダのことばっかりでアレなんですけど、見つけちゃったからには書かずには居れない。

先日、カナダ観光局さんが3月から始まるNHK連続テレビ小説「花子とアン」を迎え、プリンス・エドワード島特設ページを公開。

そこには14篇のプリンス・エドワード島旅エッセイにちなんで、14回におよぶプレゼントキャンペーンと、お土産品の新名称名付けコンテストでプリンス・エドワード島行きペアチケットが当たるコンテストを開催!

そのお土産品は……『アンづら』って……あの、「赤毛のアン」のこと?
 
続きを読む >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=3672
2012.07.01 Sunday

7月1日といえば……、カナダデー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
IMG_4288.jpg



1年前の今日はカナダは「赤毛のアン」の舞台、プリンスエドワード島(略してPEI)に居て、
カナダの独立記念日「カナダデー」で賑わう島を楽しんでいました。
(正確には英国領ではあるので「独立」というよりは「対等」と言う方が正しいらしい)

当時の旅行記はこちらから見れますが、
プログをプチリニューアルして、写真が大きくなったので、
いくつかプックアップしてカナダの写真を載せてみます。


カナダデーに沸くノースラスティコの漁師たちや、
アボンリーの舞台キャベンディッシュや、
ビーチで日光浴を楽しむ女の子の、
ロブスター、アイランドビーフ、PEIオイスターの絶品グルメ!

フォト・リマスター版でご紹介。


↓「続きを読む」をクリックしてね。
続きを読む >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=3557
2011.08.07 Sunday

投票&アンケートでカナダ旅行が当る!“RealCanada旅行プレゼントキャンペーン”

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
RealCanada旅行プレゼントキャンペーン

あたしももちろん、応募したよ!

7月まで人気ブロガー4名がカナダを旅し、
その様子をなるべくリアルタイムでTweet&ブログで旅行記を公開。
リアルタイムでリアルなカナダをお届けする企画
『RealTime RealCanada(リアルタイム リアルカナダ)』

すでに4人のブロガーはカナダ旅行を終え、
旅行記は全員書き終わり、ブロガーの鍛え抜かれた審美眼(偏りアリ)によって
持ち帰られた“お土産プレゼント”も終わってしまった。

これでこの企画は全て終了してしまうかのように思われたが……
ビッグキャンペーン来ましたよぉ〜!

昨日からHISさんによる、「ブロガーの旅に投票すると一番人気の旅を選んだ方の中から抽選でカナダ旅行が当たるキャンペーン」が開始されました!是非投票してみてください!詳しくはこちら http://realcanada.jp/ #realcanada(@RealCanadaJp キャンペーン公式アカウントより



「RealTime RealCanada」の特設ページ中央に、
なにやら赤いバナーが追加されている!

そう、これが「アンケート」の入口だ。
広域な意味ではカナダへの扉かもしれない。

個人情報方針に同意して、ページをくぐるとこのキャンペーンの説明と
アンケートページが出現。

“自分好みの旅に投票して、貴方もリアルカナダ旅行に出かけよう! Real Canada 旅行プレゼントキャンペーン”

下記アンケートにご回答の上、どのブロガーの旅が好みだったか投票してください。一番人気の旅を選んだ方の中から抽選で1組2名様に、カナダ旅行をプレゼントします!

(※)は必須項目となります。

旅行に関するアンケートにお答えいただき、ご自身が実際に行ってみたいブロガーの旅に投票いただきます。
投票数が一番多かった旅をお選びいただいた方の中から抽選で1組2名様に、同じ行程の旅行をプレゼントします。(現地での経費はお客様負担となります。)


アンケートはカナダや海外旅行に対する質問が中心なのだが、
最後には「今回のブログであなたの一番好きな旅をしたブロガーは誰ですか?」の質問が。

ん?
なにこの質問トラップ?

好きなブロガーに投票はできるけど、
当るのは「一番人気」のブロガーに投票した人の中からなの???

……えーっと、
わたしの旅を気に入って投票してくれたのに、落選してしまったらゴメンナサイ。。

でもさ、
これ、万が一私の旅がいちばんになっちゃったら、
当選者はケータイの通じない農家に一泊して、
牛の乳搾りしたり、トラクター運転して畑耕したりするのかな!?

……ほ、ホントにゴメンナサイ!!!


いや、でももう一度書くけど、
『あたしももちろん、応募したよ』

自費でもまた、必ず行く。


Real Canada 旅行プレゼントキャンペーン【2011年8月31日まで】





Love letter from カナダ index
0通目:コヤナギ、6/30から毎日書きます。あなたのいない、一人旅でっす〜♪
0.5通目:準備編『足りないくらいでちょうど良い。旅は「不便」を愉しむもの』
1通目:計16時間の空の旅。カナダはプリンス・エドワード島に着きました
2通目:ハッピー・カナダデイ! PEI時間がカラダに浸透してきたみたい
3通目:グリーンゲイブルズで赤毛のアンになってきたよ。
4通目:モンゴメリの生家と、彼女が愛した家族を訪ねて。
5通目:ロイヤルカップルとマックロブスターと牛の搾乳
6通目:プリンス・エドワード島最後の夜。トラクターを運転してハネムーンスイートに泊まったよ
7通目:私の長靴は、もうすっかりプリンス・エドワード島の赤土で真っ赤なのよ!
8通目:大切な一日だもの! トロントを代表する“あのコ”に会いに行ったわ
9通目:さよなら、カナダ。お土産プレゼントをまとめたよ。トロント土産を追加しちゃった。
まとめ10通目:プリンス・エドワード島とトロントを訪れて。カナダは「幸せな世界」の未来。


JUGEMテーマ:旅行
 
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=3555
2011.07.14 Thursday

Love letter from カナダ 10通目:プリンス・エドワード島とトロントを訪れて。カナダは「幸せな世界」の未来。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した




腹心の友のあなたへ



これは、最後の手紙になるから、私の言葉で書くね。
いよいよ、カナダからのラブレターもこれで最後。

正確には、この手紙はもう帰国した下北沢の私のデスクで書いているんだけど、
気持ちをカナダに浮かせたまま、カナダのことを書くのはこれで最後にする。

この手紙を含めた、12通のリストはこちら。

0通目:コヤナギ、6/30から毎日書きます。あなたのいない、一人旅でっす〜♪
0.5通目:準備編『足りないくらいでちょうど良い。旅は「不便」を愉しむもの』
1通目:計16時間の空の旅。カナダはプリンス・エドワード島に着きました
2通目:ハッピー・カナダデイ! PEI時間がカラダに浸透してきたみたい
3通目:グリーンゲイブルズで赤毛のアンになってきたよ。
4通目:モンゴメリの生家と、彼女が愛した家族を訪ねて。
5通目:ロイヤルカップルとマックロブスターと牛の搾乳
6通目:プリンス・エドワード島最後の夜。トラクターを運転してハネムーンスイートに泊まったよ
7通目:私の長靴は、もうすっかりプリンス・エドワード島の赤土で真っ赤なのよ!
8通目:大切な一日だもの! トロントを代表する“あのコ”に会いに行ったわ
9通目:さよなら、カナダ。お土産プレゼントをまとめたよ。トロント土産を追加しちゃった。
10通目:プリンス・エドワード島とトロントを訪れて。カナダは「幸せな世界」の未来。


ダイジェストで振り返ってみるね。


0通目:コヤナギ、6/30から毎日書きます。あなたのいない、一人旅でっす〜♪
00.jpg
カナダ=ラブレター程度の認識しかなかったわ。



0.5通目:準備編『足りないくらいでちょうど良い。旅は「不便」を愉しむもの』
8dc818931b3e40179577446198ae9c28_7.jpg
パスポートの写真が不出来すぎて5年にしたわ。


1通目:計16時間の空の旅。カナダはプリンス・エドワード島に着きました
3f08047ce04f495fbe53c6e49e84bbaa_7.jpg
めちゃめちゃ飛行機を乗り継いで不安になったわ。


2通目:ハッピー・カナダデイ! PEI時間がカラダに浸透してきたみたい
a8e804c718524ee1ac0063109eaa3a5c_7.jpg
カナダデーの活気にビックリしたわ!


3通目:グリーンゲイブルズで赤毛のアンになってきたよ。
2c89fbcd8f02463caec7aeb95a31afef_7.jpg
赤毛のアン三昧の一日だったわ!


4通目:モンゴメリの生家と、彼女が愛した家族を訪ねて。
37c2e07769a54992bbf3129a8db6c007_7.jpg
島の美しさを堪能したわ。


5通目:ロイヤルカップルとマックロブスターと牛の搾乳
a9be5141c8c14e2e87fecefa315976e8_7.jpg
ロイヤルカップルを捕らえたわ!(今見るとこのCawsのTシャツ、わたしのこの一日を暗示しているようよ!)

6通目:プリンス・エドワード島最後の夜。トラクターを運転してハネムーンスイートに泊まったよ
38d45781da2149d883f950b51df8365d_7.jpg
マニュアルのトラクターを運転した夜はスイートのバスタブよ!?


7通目:私の長靴は、もうすっかりプリンス・エドワード島の赤土で真っ赤なのよ!
a1283f2893fa40e3aa33850df3844609_7.jpg
午前中と午後で全く別の日だわ!

8通目:大切な一日だもの! トロントを代表する“あのコ”に会いに行ったわ
e5b75c140ba444e8b3901e566670e05f_7.jpg
ずーっとPEIで探していた麦わら帽子が、トロントでみつかったの。今も愛用してるわ!


9通目:さよなら、カナダ。お土産プレゼントをまとめたよ。トロント土産を追加しちゃった。
f184a8c6b5de490c8eaeb54b96187a50_7.jpg
写真は私が友達に買って帰ったトロント土産よ。

10通目:プリンス・エドワード島とトロントを訪れて。カナダは「幸せな世界」の未来。
bb6ec483f1024c1c97a126bc0be013d8_7.jpg
今書いている所ね。写真はトロントではなくて、東京の電線よ。



まとめの記事は自分の言葉で書こうと想ったのに、
ついついアン口調にもどっちゃうわ。
ムリしないでこのまま書いちゃうわね。


実は、実はね。
とっても裏側の話をするわよ。

私は編集者で、広告制作のアートディレクターでもあるから、
何かのものごとを作る時に、ある程度ストーリを決めるの。

どこに物語の山場をつくって、
オチを何にするか、ある程度下調べして、それにそうような材料を探したりするの。
だから、今回のカナダ旅行についても、分らないなりに本当は調べたわ。

地球の歩き方は2冊、旅行雑誌2冊、わがまま歩きカナダ1冊でしょ、
あとやっとの思いで見つけたカナダ紀行のイラストエッセイが1冊。

実は「赤毛のアン」も見た事がなかったわ。
それどころか興味もなかったの!(告白したわ!)

世界名作劇場のイメージが強い私の世代にとって、
「赤毛のアン」と言えばちょっと年上の人のものって感じだったんだもの。

だから、今回のカナダ行きのお話だって、すんなり決まったわけじゃないの。

私みたいな「赤毛のアン」がまだピンと来ない人たちに、
どうやってプリンス・エドワード島への興味を持ってもらうのか、
いろいろ考えたのよ。

でもやっぱり、プリンス・エドワード島と言えば「赤毛のアン」を
読んでおいて正解だったわ。
いいえ、読んでいなくても魅力は伝わるでしょうけど、
必ず後からでも読みたくなってしまうから。

本当はこの、「コヤナギユウ、カナダへ行く」はもっとしっとりとした
お話にするつもりでいたの。

スローフードでスローワークな島の大自然に触れて、
人としての本当の幸せや、時間の過ごし方、
自分や人を大切にするってことを考え直そう、
みたいなストーリーに仕立てる気でいたのよ。

でもプリンス・エドワード島、トロントの懐はもっと大きかったわ!

過ごしたいように過ごせば良いのよ。
あなたの、いいえわたしの「やりたい」を絶対受け入れてくれるわ。

私にとっての故郷は、これで3つになるわ。

ひとつは、生まれ故郷の新潟。
ふたつめは、キャリアと人間関係を築いてくれた東京。
最後はそのままの私を受け入れてくれるカナダよ。

最後に、国旗にまつわるステキなお話を書いて、
このお手紙を締めくくる事にするわ。


「カナダ」の語源は先住民族の言葉
「kanata(小屋が集まった所=村落)」を語源とする説が強い。

イギリス・フランスの植民地であった他、アメリカとの戦争など、
国としての地位を勝ち取るまでひどく時間がかかった。

カナダは移民の国である。
世界で大変な出来事が起こるたびに、避難してくる他国民を受け入れ、
カナダの人口は増えていった。

なぜカナダの国旗はメープルリーフなのか。
こんな説がある。

風になびいて種を振りまくカエデ(メープル)の木は、芽を出すと大地に深く根を張り、天高く大きく伸びる。そのカエデの木の姿のように、移民としてきた人たちが、その根を降ろして暮らせるように、そんな想いが込められている。

カナダが先進国でありながら、他国の政治に口を挟んだり、
自国の力を誇示したりしないのは、苦い歴史の末だろう。

カナダがどんな国なのか、パッとは分らない、というのは平和の象徴。
未来の各国が、どんな風に共存していけるかを示す
世界の幸せな未来かもしれない。


“ハッピー・カナダ!”



下北沢の西日に照らされたデスクより、愛を込めて。
ユアーズストアのコヤナギユウより。


backLove letter from カナダ 9通目:
さよなら、カナダ。お土産プレゼントをまとめたよ。トロント土産を追加しちゃった。



Love letter from カナダ index
0通目:コヤナギ、6/30から毎日書きます。あなたのいない、一人旅でっす〜♪
0.5通目:準備編『足りないくらいでちょうど良い。旅は「不便」を愉しむもの』
1通目:計16時間の空の旅。カナダはプリンス・エドワード島に着きました
2通目:ハッピー・カナダデイ! PEI時間がカラダに浸透してきたみたい
3通目:グリーンゲイブルズで赤毛のアンになってきたよ。
4通目:モンゴメリの生家と、彼女が愛した家族を訪ねて。
5通目:ロイヤルカップルとマックロブスターと牛の搾乳
6通目:プリンス・エドワード島最後の夜。トラクターを運転してハネムーンスイートに泊まったよ
7通目:私の長靴は、もうすっかりプリンス・エドワード島の赤土で真っ赤なのよ!
8通目:大切な一日だもの! トロントを代表する“あのコ”に会いに行ったわ
9通目:さよなら、カナダ。お土産プレゼントをまとめたよ。トロント土産を追加しちゃった。
10通目:プリンス・エドワード島とトロントを訪れて。カナダは「幸せな世界」の未来。








続きを読む >>


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要