Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=2137
2008.02.09 Saturday

東京にまた、雪。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
080209_2215~01.jpg
タトゥーのない彫り師が下手なのと同じで、
痛みや寂しさを感じない人に、
いくら説いてもムダなのかなと、
ふと詩人になる都会の雪。
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=1805
2007.07.21 Saturday

寝る前の挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
深夜の自宅
薄暗い部屋
無気力の身体
投げ出されたベッドの上
暴走した思考
とりとめのない不安
手を打たない怠慢
明らかな現状
受け入れてなお低温
行き場のないエネルギー
活用できない深夜
ただ投下する言葉
意味ありげな数々
これはまさか詩か
いやまさか半端な
たたつむぐ思考
それを残す試行
小さくまとめる小手先
それに気付いてうんざり
とはいえたいしたこともない
小粒な技術
変わらない漠然とした不安
抗えない恐怖感
それを書き出す使命感
誰かの共感になればと思う
それはさておき自分
何を腹に溜めて
眠れずにいるのか
ただ夜が居心地良いのか
いや悪いのか
眠るのが惜しいのか
朝が怖いのか
待ち遠しいのか
かと思えばあっさり
突然眠くなってきた
目を開けた最後の寝言
おやすみなさい
良い夢を
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=1123
2006.08.25 Friday

A lover of a mosquito

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した

「過ぎゆく夏…」
とか書くと寂しさが強調されるけど、現状を振り返って合理的に考えると「夏全盛期」くんにはさっさとおいとま願いたいものだ。

個人的には、かなり蚊に好かれていてこの夏が終わる頃には蚊に刺された後と靴擦れで肌の色変わるんじゃないか心配なくらいです。
あんまり憎たらしいので蚊をステキに描いてみました。

特に日本の夏は高温多湿。地球温暖化による日本の亜熱帯化なんて冗談みたいな悪夢を突きつけられているようだけど、そんな社会的なグローバル目線以外でも真夏は弊害をもたらしている。

暑い→怠い→眠い→動かない→食べない→無気力→停滞→自己嫌悪→逃避→火遊び→一夏の思い出→立ち去る彼女→忘れられない影→断ち切るように仕事→帰って眠るだけの生活→10年後→人通りの多い交差点→うつむき加減に歩いていると→前方から色あせない思い出が→あのときと同じ笑顔をたたえた彼女→色とりどりによみがえる記憶→その肩を抱く知らない男→我に返る→僕に気付かない彼女→目を合わせる事なくすれ違う→もう交差する事ないふたり→ため息を一つ→肩を落とす→空耳かと思った…→スローモーションで駆け寄る彼女→抱き合う二人→時間を超えた二人の再会→そんな夏風邪の意味不明な夢

なんて、夢の中だけ謎の充実した時間を過ごしてしまい、思い出迷子になる事然りですよ。

あー、こんな絵描いてないで仕事しなくちゃ…
エンジンが全然かからなくて妄想ばかりしています。むにゃむにゃ。
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=567
2005.02.10 Thursday

21世紀の聖母になれたなら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
今日は書きたいことがいっぱいある…のだが、今日までの仕事があるのでエントリが遅れるかも。
長らく放置されていたエステ体験記だ。
駒込支店が銀座に移転したので銀座に行ってきた。
悪天候で訪れた銀座は上野のようだったけど、天気も良い夜ともなるときれいなねぇさんがいっぱいいた。
ハイソなねぇさんは悪天候では出てこないようだ。

帰宅した頃にはすっかり夜中に。
ここ2.3日、眠いのに寝たくない…という変な癖がついている。
もう身体もまぶたも頭も限界なのにもう少し起きていたいのだ。
起きているからと言って体力視力思考力が奪われてしまってはできることなど横になって妄想することくらい。

さっさと寝て夢でも見ればいいのに消化を急ぐ小腸の動きから妄想妊娠(造語。想像妊娠よりひどいやつ)を妄想。

これで生んだら私は聖女になれちゃうってことだよね。
性行為を行わず身ごもったことで神を宿したと言われるマリアのように。

聖母you!。
息子の名は…イエスキリスト…?
なんだろう、日本だし、是太郎とかか。朗にしておく?

でも生まれた途端7歩歩いて天と地を指さし喋る子供を愛せるか?
気持ちが悪い。明白だ。

でも腹部に10月10日も存在していれば思い入れはあるだろう。
その思い入れが出産の衝撃でプラマイゼロになったのだとして、子供を愛するポイントはなんだろう。
私になついていることも大切だけど、やはり自分の子供と視覚、感覚的に認識できることだろうな。
目が似てるとか、同じ癖があるとか。
思考が同じだったら…相当腹黒い子供なはず。

まぁ生まれた瞬間にうっかり喋っちゃうのは仕方ないよ。
力加減と世の中がまだ分かってないわけだし。
でもその後は、私だったら絶対喋ったりしない。
大人が自分に接する接し方や他の子供の言動、大人同士の会話をつぶさに観察する。

実際、私は子供の頃、自分に向かって赤ちゃん言葉で喋ってくる大人に対して「赤ちゃん言葉の必要性が子供にとってあまりないことを忘れてしまっているなんて、この人はバカな大人だ」とか思っていた。
大人になって忘れてしまうことが多いんだなと思って「大人になっても忘れてはいけないことリスト」とか作っていた。
鍵のかかった日記に書いていた。
「子供に向かって赤ちゃん言葉を使わない/「いつか」と言わない/頭ごなしに否定せず子供が理解できなくても一応説明する」くらいしか憶えてないけど。
どこに行ったんだろう。
ポエムとかも書いてて(!)恥ずかしかったから捨てちゃったかな…

そんなわけで、是太朗が私の性格を受け継いでいるなら、生まれてきて喋ってしまった瞬間に、後悔し、普通の赤ちゃんとして振る舞い出すんだろう。
そのまま小学生、中学生と大人になって…
ん?待てよ。
私の子供で、同じ性質を受け継いでいるなら他人の罪を受け入れるような聖人になんてなれない!

だって超個人主義だもの!

譲れないもの、こればっかりは。

そんなわけで私が妄想妊娠して是太朗を生んだところで世界ビックリ人間止まりだわ。

はー、夢破れたり。
寝よ寝よ。

っていうか仕事しよう。
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=521
2005.01.21 Friday

非難を恐れてはならない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
高校を卒業してまもなく10年目を
迎えようとしているのにもかかわらず、未だに

「この間、学校の帰りにね…」

なんてあつかましい言い間違いをしてしまします。

またしても血液が消化にあたっていて眠いです。
今は会社なので寝るわけにもいかず、デザインとかもできず、文字も追えず。
こう言うときには文章を書いて自分でも知られざる本音に迫るのがいいんです。
端から見てると仕事してるっぽいし。
キーボード叩いてると仕事してるっぽい。
続きを読む >>


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要