Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=2858
2009.02.19 Thursday

コヤナギ式感情考察学、はじめました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
1977年、日本に生まれ、中(の下)流家庭に育った性別は女。

保育園へ通わなかったせいか、小学校での「団体行動」の意味が分からず、
なじむのに時間がかかった。
なぜ「先生のお話を聞く」だけなのに、整列しなくちゃいけないのか分らなかった。
「前へ習え』とまっすぐに、個人差のある両手の長さ分、
離れて並ぶ必要はどこにあるのか、
なんでそんなことしなくちゃいけないのか、
おまけに出来ないでいると怒られるのか。
先生のお話はまわりくどいのか。
なぜなのか尋ねても「いいからやりなさい」と説明しないのか。
分らないことだらけだったし、誰も教えてくれないので、
自分なりに考えるしかなかった。
これが、「趣味:考え事」になったきっかけかもしれない。

そんな調子で、考えながら動作するのでやっぱり団体行動からはぐれがち。
団体から飛び出すので「変わった子供だ」と称されるようになり、
そうなのかな、と思った。

もうひとつ大きなきっかけがある。
うちの父は変わっていた。

社会に出てから「説明すること」の重要性を感じた父は、
私にいつも説明を求めた。理由を話すように言われた。
「チョコレートが欲しい」じゃダメなのだ。
チョコレートを手に入れたい必要性を説明しなければならなかった。
「食べたいから」では簡潔すぎて父を納得させられない。
お陰で、辟易しながらももっともらしい「食べたい理由」を
言葉で説明する必要があった。
何かをしたい、何かを欲しいと思ったら、まず「他人を説得出来る理由」を作る。
そんなハードルの高い、父なりの教育は小学校へ上がる前から行われていたように思う。

おかげで中学卒業の頃にはかなり口が達者になっていた。

変わり者として生活していた私に転機が訪れた。
とりあえず就職した会社を辞めたいと思っていた。
けれど、「何か」が私の「辞めたい」という気持ちを止まらせた。
「変わり者」の私が一体何に気を止めて、
辞めたいと言う衝動を押し止まらせているのだろう。

頭の中だけでは整理しきれなかったので、「何か」を紙に書いてみた。

・辞めたところでどうなるか分らない
・お金がない
・コネがない
・漠然と不安だ
・やりたいことがお金になるか分らない
……

ふつうだ。

私の「何か」なんて、すっごく普通だ。

ずっと変わり者だと思っていたけれど、私は普通の人なんだ、と思った。
正直ショックだった。アイデンティティを失った気がした。
しかし幸い、私には「他人を説得出来る理由」を作るのが得意だった。
だから、自分のことも他人事のように説得出来る理由を作ることにした。
たぶん、これが「考察」の始まりだったと思う。

「普通」の悩みが、どこに起因し、なにに影響を受け、どう着地するのか。
それが説明出来るようになれば、共感なり反感が得られるようになるだろう。
それはひとつの「おもしろさ」として発信出来ることになるかもしれない。
「変わり者」という「誰でもない私」を失ったらショックを
「普通」な「誰でもある私」にすることで中和したのだ。

1977年、日本に生まれた、同じ時代背景を持つ1,755,100人の1人として
当たり前のことを考察してみることにした。
題材は「人間の感情の起因と着地点を繋ぐ過程」だ。

最近「コヤナギ説」としていろいろおもしろい考察がまとまってきたので、
「考察学」というカテゴリーでまとめてみることにした。

日々のサンプリングや、情報の追加で常に結論が更新されるため、
「論文」ではなく、進化していく「学問」としてみる。
義務教育で受けてきた、教科書のあるお勉強は大嫌いだったけど、
考察することが学問らしいので、そう言う意味ではぴったりだろう。

過去の記事でもその時に得た結論を導きだしている記事も
コヤナギ式考察学における、そのときの「考察論」として
カテゴリーを移し替えておいた。

いつかまた著作物を出すのなら、これだ、と思っている。
こう‐さつ〔カウ‐〕【考察】(大辞泉)
[名](スル)物事を明らかにするために、よく調べて考えをめぐらすこと。「深い―を加える」「日本人の社会意識について―する」
study-コヤナギ式感情考察学

JUGEMテーマ:学問・学校
RANKINGU←よく分からんけど頑張れ?
<< 持つべきものは師匠だな | main | 嫌よ嫌よも好きのうち。同一視と言う幼稚な愛情 >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
コメントする








 

この記事に対するフィードバック







コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR