Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=3581
2011.10.30 Sunday

モンスターナイト2:バーレスク×ロック×ハロウィーンで燃え上がる「バーンレスク」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
P1030490.jpg



続いてはこの間、レポートも書いたTOYさんのバーレスクイベント「バーンレスク」へ!
(二夜連続で、今夜もやってるから興味のある人は血のりを付けてイベントへGO!)

顔を出すだけでさっさか帰って来ようと思ってて、
ましてや写真なんて撮るつもりゼロだったのにシャッター切らずにいられませんでした。

やっぱり、TOYさんが仕切るイベントは最高!


P1030641.jpg


店内はハロウィン一色。

血だらけのマリリンモンローに扮した美和ROCKさんがDJをしてました。


P1030637.jpg
P1030646.jpg


会場が暗くなり、キャンディとドーナッツを配りながら歩く、
ポップなアメリカンママが登場!(私も口の中にドーナッツを突っ込まれつつ)

すると突然。
メガネをハラリ。

あとは、チラリ、チラリ……!


P1030404.jpg
P1030410.jpg
P1030412.jpg
P1030414.jpg



今回は店内でハロウィンメイクサービスもあって、
ピンナップガールズ達もモンスターに。



P1030593.jpg



モンローもカウンターで踊り出します。
笑顔がサイコ!!

P1030610.jpg
P1030614.jpg
P1030629.jpg



続きましてはハロウィンらしく、包帯だらけのモンスターが登場。

バーレスクの熱気はヒートアップして行きますから、
職場や家族で見てる人など、
刺激的な写真がNGな人は今すぐこのウィンドウを閉じて、Twitterでもしててください。




P1030425.jpg
P1030436.jpg
P1030439.jpg
P1030445.jpg


ハラリ。


P1030455.jpg


クルクルクルクルーー!


P1030466.jpg




そして、最後はあんまりにもゴージャスすぎて、
気がつけばとんでもない枚数のシャッターを切っていました。

モンスターたちも釘付け。



P1030487.jpg



いいですか?
ズラズラズラッと写真が続きますよ。

ベリーダンサーのSafiさんです!




P1030496.jpg
P1030499.jpg
P1030501.jpg
P1030507.jpg
P1030514.jpg
P1030527.jpg
P1030550.jpg
P1030551.jpg
P1030555.jpg
P1030559.jpg
P1030564.jpg
P1030569.jpg
P1030575.jpg
P1030586.jpg
P1030589.jpg
P1030591.jpg


ババーーーーーン!


カッコイイ。

バーレスクにはほかのナイト文化には少ない、底なしの明るさがあるように思う。
媚びない魅力が晴れやかで、清々しく、コミカルで健全だ。

また、価値観の多様性も寛容でタブーがない。(唯一、“ご開帳”してしまうことくらいか)

男性がどういう気持ちでバーレスクを見ているのかは分らないけど
女性である私としては、なぜだかいつも爽快な気分になるのだ。

コンプレックスを持った自分を卑下したりせず、
そのコンプレックス自体が如何に個人的で、小さくて、他愛もないものか、という気にさせてくれる。映画「さすらいの女神(ディーバ)たち」でもあるように、

“女性のための女性のショー。男には口を出させない。女性としての自分を表現するのよ”

とのこと。まさにその通り。

自分に女独特の陽気さが欠けていると思ったら、今すぐバーレスクを見た方がいい。
できれば、生で。





いい夜だった。


<< モンスターナイト1:ウェディングパーティーに行ってきた | main | 「お前はもう、死んでいる」デス・フィンガークッキーをいただいた。 >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
コメントする








 

この記事に対するフィードバック







コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR