Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=3584
2011.11.08 Tuesday

お伊勢さんへの道1:シルヴィ・ギエムに“胸を押されたい”がために、遅刻からの奇跡のリカバリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
P1030654.jpg

ことの発端はたぶん、三谷晶子さんのブログだったと思う。

俗物にまみれて日々を生きる私には「芸術」だとか「天才」だとかとは無縁だ。
何気なく斜め読みしていた三谷さんの“軽率な日々”の中で、
ただならぬ感動を書き綴っている日があった。
(しかも長過ぎて2回に分けて書いていた)

ビッグコミックスピリッツで現在連載再開中の『昴』というバレエ漫画に、

バレエで人の聴覚や視覚も支配できるダンサーが出てくるんですが、これ、

うそじゃないです。

マジです。


ギエムはそれが出来るダンサーなんですよ。


一昨年の公演で上演された『TWO』という演目。


ギエムが手を前に出し押す仕草をしただけで、

一階席の後ろから二番目にいた私は、
自分の胸を押されたような気がしました。


布団を押し付けられているような圧迫感で息が出来ない。


苦しい。でも、目を離すことが出来ないんです。

(2月7日。この世に天才はいる。シルヴィ・ギエム『ボレロ』その より


えっ? なにそれ魔法?


バレエを見たことがないということを差し引いても、
遠く離れた舞台の上のダンサーを見ているだけで“胸をおされた気になる”って
どゆこと?

私もいつか、胸を押されてみたい!!


それからずーっと、“ギエム”っていう不思議な呪文が胸に引っかかってたのです。


で、今年の夏頃、三谷さんがまた例の“ギエム”という呪文をつぶやいていて、
行きたい! と、名乗りを上げてみたってわけ。

また、せっかく名古屋まで足を伸ばすのだから、
神社好きの三谷さんと伊勢参りも楽しんでみよう、とあっという間に当日になった。



待ち合わせは東京駅に朝9時!

いつもの自分の生活リズムでは考えられないくらい、
緊張感のある早起きは、眠りが浅くて起きられる。

いや、起きられた。今までは。

びっくりしたよ〜。

目が覚めたのが8時45分なんだもん。

オドロキのあまりリアルで部屋を右往左往し、とりあえずトイレに入る。

ヤバイ、まずい、遅刻!?

実は待ち合わせは9時だったけど、新幹線は20分過ぎ出発だったはず。
最寄り駅から東京駅までは30分、いや、40分くらい。
5分で最寄り駅に着けば、ギリギリ出発に間に合うかも知んない!

幸い、荷造りは済ませてあったので、
ケータイなどの充電器周りを乱暴につかみ取り、服だけ着た状態で家を飛び出す。

駅まで徒歩3分の近距離でも、全力疾走すればかなり疲れる。
あ! ちょうど電車が来る!! 間に合うかも……!

と、乗車まであと30メートルか、というところでケータイが鳴る。

彼「家にカメラの充電忘れてるみたいだけど?」
私「……! 戻ります(泣)」


全速力しちゃったから、もう余力はなくて、
とぼとぼ歩いて家へ帰り、三谷さんにはとぼとぼ遅刻のメールを送る。

もういいや、いいや。
済んじまったことは仕方ない。
新幹線代払って名古屋の劇場で三谷さんと合流をしよう。
ギエムの公演に間に合えば良いや。(強がりの涙)

と、投げやりな気持ちで最寄り駅から名古屋駅まで路線検索をする。

品川9時20分頃着→新幹線のぞみ

ぬ? 品川に9時20分に着けるなら、
9時20分頃に東京駅を出る新幹線には当然乗れるんじゃないか?

三谷さんにメールで問い合わせる。

「新幹線の名前? とか、分る?」
「こだま643だよー」

こだま! しかし、これが検索しても全然出てこない。

ええい!
乗れようが乗れまいが、最寄り駅はどうせ品川だ。
行って確かめるっきゃない!

気が気じゃない中、比較的空いている山手線にゆられ、いざ品川。

「こだま643」に乗れるならチケットはあるから「入場券」だけ欲しい。
乗れないのならチケットを買わなければ。
焦りのあまり前のめりで窓口に向かう。
しかし、窓口のお兄さんは至極冷静だった。

「はぁ、品川は全ての新幹線が止まるんで、
 もちろん、こだまにも間に合いますけど?」

質問を質問で返しやがって!
でもいい!
奇跡のリカバリ!!

ホームでアイスコーヒーを買って、優雅に車内で三谷さんと合流。
「絶対間に合わないかと思った〜!」
と、三谷さん。
うん。私もそう思った。

ちなみに、三谷さんは旅の供が遅刻して新幹線に乗り遅れ、
現地集合になるというアクシデントを数回経験しているらしく
今回も「またか」と思ったらしい。

なにそれ、三谷さんの魔法?

ひとまず、私に出来る魔法は出し切った形だ。



……長くなっちゃったので、まだ名古屋に着いてないけど、

つづく!
<< 今のユニスタイルは、11月9日で終わり。2ndアルバム『タカラモノ』発売 | main | HAPPY WEDDING >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
コメントする








 

この記事に対するフィードバック







コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR