Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=369
2004.11.11 Thursday

【コント】ドビン チャビン カイシャイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
スーツ姿のB、地味目なカジュアルのA
AB立ち話、A身振り大きく

A「この間の合コン、ホントつまんなくってねー。」
B「うんうん」
A「だってね、中学の時の部活を当てようとか言い出すんだよ?!」
B「過去の話しかできなくなるってやだよねー」
A「いやいや、それはニュアンス違うだろ。
 中学の部活は過去の栄光じゃないんだから。
 話題が盛り上がればいいのよ、どうせ茶番なんだから。
 あげくその中学の部活が当たっても“へー”で終わりなのよ、
 話を広げろよと!」
B「ああ、“へー”で終わりますもんね」
A「終わらすなよ!
 あるじゃん色々、話の広げ方なんかさー。
 部活って言うのは切り口でしかないんだから
 野球部だったら
 “ストッキングってネーミングはいかがなものか”とか
 “ヘルメットの耳当てはなぜ両方付けないのか”とかさ。
 テニス部なら
 “ブルマ履くならスコートいらないじゃん”とか
 バレー部なら
 “陰湿な声かけはスポーツマンシップに乗っ取ってない”とかさ。
 (バレーのレシーブ、トス、アタックのふりで)
 お〜と〜せ!(凄む)」
B (足を2度踏みならし手拍子を入れ親指を突き立てながら)
 「ラッキー」
A「それそれそれそれ。むかつくわー」

(一息つきながらあたりを見回して)

A「しかし昼の日比谷公園はスーツばっかりだね。
 あースーツで芝生に寝ちゃってるよー」
B「僕もスーツには愛着持てませんね」
A「でも俺もね、スーツは着ないけど、
 いちおう黒っぽい服を着ておくかって気を使ってはいるんだよ」
B「僕はもうスーツとかほんとどうでもいいですよ」

ネクタイに指をかけてゆるめるB
あらためてBの全身を眺めるA

A「うわ、改めてみてみたら、第一ボタンははずれてるし。
 ネクタイゆるみすぎだろー、結び目見えちゃってるじゃん。
 背広もよれよれだし、
 これ(ズボンを差して)ちょっとたるみすぎじゃないの?
 なんか“ダメ会社員”って感じの出で立ちだよね」
B「ダメ会社員ですよ。僕なんて、会社とかどうでもいいですもん」
A「会社への愛着心とスーツの汚さは比例しないだろー。
 (ローファーを差しながら)
 靴だけじゃなく学生みたいな事言いやがって」

B「普段は全然服装違いますよ」
A「へー、そうなんだ」
B「ヒップホップ…ぽい格好してますもん」
A「想像に易いよ。ああ、そういう、ダボダボした感じの?」
B「そうそう、YO!YO!みたいな」
A「(わざとらしく凄みながら)ははは…って笑いにくいな」

B「バッタモンのTシャツとかいっぱいもってますよ。ウケねらいで」
A「ん?バッタもんて、“サザエボン”みたいなやつ?」
B「そうそう」
A「微妙じゃね?」
B「ノバうさぎのバッタモンとか。
 電車の中で知らない高校生とかに指さされるんですよ。
 (うれしそうに)
 “あーノバうさぎだ、でもちょっとちがくない?”って」
A「うーん、でもさ、100歩譲ってバッタもんを認めてもだよ、
 似てるバッタもんて微妙じゃね?」
B「でも全然違うんですよ、色とか」
A「ピンクじゃないんだ」
B「紫なんです」
A「微妙じゃね?」
B「口のところだけピンクとか」
A「そんなにあるの?」
B「色違いで3着」
A「微妙じゃね?」

(ふと我に返り落ち込んだように一息つきながら)

A「会社員って本当に退屈なのな。せめて早く今の会社脱出したいよ」
B「僕もですよ」
A「おお、お前だったらどんな会社行きたい?」
B「いや…」(モジモジしながら)
A「もしかしてベンチャー企業興しちゃうとか?!」
B「僕は…バンドでも…」(誇らしげに)
A「あー、そういえば言ってたね!あれ?ボーカル?だっけ?」
B「今はちょっと休止中で。まずはダイエットしないと」
A「本気だねぇ。何キロ落としたいんだっけ?」
B「25キロ…」
A「それはきついなぁ」
B「でもバンドはいい感じで。バンド自体は活動してるんです。」
A「ふんふん」
B「渋谷のライブハウスとかでももうほとんど出れて、
 今度夜の部に出るんです。
 メジャーデビューのオファーも来てて…」
A「ん?ボーカル…なんだよね?」
B「はい」
A「今は誰が歌ってるの?」
B「ベースが。」
A「オファー来ちゃってるじゃん」
B「ええ、だからプロデビューまでに何とか早く痩せて復活しないと
 置いて行かれるから…!」
A「…すでにもう、相当置いて行かれているぞ…」
<< ドビン チャビン カイシャイン | main | 小さい王子 >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
コメントする








 

この記事に対するフィードバック





この記事のトラックバックURL
トラックバック


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR