Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=439
2004.12.17 Friday

赤裸々白書

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
今日の会社の仕事をやり尽くしてしまった。
ああー、あと定時まで1時間45分。
USBメモリーも家に忘れて来ちゃってホントにやることがない。
暇だ。
誰か私としりとりでもしてくれってほど。

メンズの古着を勉強している。
smartとかchokichokiとか読んでいる。
今の世代の古着を猛勉強で拾得中だ。
それで古着の着こなし方で世代が分かるようになった。
私の世代は重心を下にしすぎることに抵抗があるようだ。
今の世代は重心が低い。とても。短足とかそういう概念ない様子。
1つ挟んだ世代は受け入れられるけど隣の世代に飛び込むのって難しい。
「若作り」って思われるのもシャクだし。

キャワイィものよりカコイイ!ものが好きなのでメンズ雑誌は嫌いじゃないんだけど、女子っぽいものもなんか、見たいなーと思ってananを買った。
女性ファッション誌はピンと来るのがなかったので。

お部屋の片づけ方とかが第一特集で第二特集に心理テストが付いていた。
仕事編と人生?篇。
最初「仕事編」の方にしか気が付かなくてやってみると

「周りからはそこそこ評価を得ているけれど
チームプレイが苦手では?
会社ではあなたのことを何を
考えているのか分からない
と思っている人も多そう」


だって。
当たりすぎ!

「たまには飲み会などに参加して、
積極的にみんなとお喋りして」


だって。
勘弁して。


昨日初めて人生編に気が付いてやってみた。
「あなたは周りの人とうまくやっていくことに
幸せを感じるようです。
流れるままに身を任せ、
みんなと幸せに過ごせることに
最も喜びを感じるよう」


…まぁ、他人を押しのけて何が何でも!みたいなのはない。
そこまで頑張ろうとしている人がいるなら譲る気満点。
さらに、

「あなたはごく少数の親しい人と
より濃密に過ごそうとする傾向があるのでは?
そういう姿勢は重いと思われることもあるので
たまには浅く広く友人関係を作ってください」


…当たってる。
「重い」か。
傷つくけど思い当たる節がないこともない。
しかーも、

「あなたは
過去に信頼していた友人の裏側を見て
深く傷ついたことがあるのでは?
どこかで対人関係が苦手だと
思いこんでいるところがあります。
もっと人と前向きにつきあえるように努力してみて!」


恐いほど当たりすぎだよ!
なんだ、なんだよ!
どっから見てるんだよーーーー!!

しかもね、
この心理テスト、
別に対人関係に的を絞った心理テストじゃないのよ。

上から、
「あなたの人生の本当の目的」
「あなたの本当の対人関係の傾向」
「あなたの本当のコンプレックス」

なのよ。
(確か。今雑誌が手元にないので結果共に記憶と印象で書いてる)

すげー人付き合いに障害あり。
薄々気が付いていたけど正直ショック。

個人主義なのに
寂しがり屋で
警戒心が強くて
目立ちたがり屋なのに
人見知りの上
人間不信な為に
ひとり上手。


なんだ、
なにをどう克服していけば良いんだ。
年を追うごとに殻にこもっちゃダメだよね…
と頭では分かっているんだがさしあたりなにすりゃいいの。

よし、あと1時間15分。
こんな記事ブログには上げられない。
※最初はmixiの日記として書いていました。

なーんでブログとか、mixiとか書くのかな。

自己顕示欲なのかな。

私は制作者なので自己顕示欲は非常に大事だと思っている。
だけど、そこそこあるけどあんまりない。

みんなに「見て!!!」って言えるほど自信ないし、
見てって言われてから見られても嬉しくない。
見たい人が自己責任で見て!って思うが
まぁ、つまるところ見て欲しいけど、
そんなに積極的には働きかけない。

おお、現代っ子むき出しだ。大人だけど。
もうニュージェネレーションじゃないれど。

そんなワケかどうか分からないけど放っておくと私の場合、この「自己顕示欲」がなくなりかねない。
どうでも良くなってしまう。
これはいけない。
そのリハビリのためにブログは書いている。
休むと書きにくくなるからどうでも良いエントリーもなるべく書くようにしている。
そうだそうだ。
自己顕示欲を損なわないためのトレーニングだ。ブログは。

じゃあさ、mixiはなんだろう。
なんでmixiをやるんだ。
ホームページを作ったり、ブログ建てるほどネットをしない友達の動向を探れるから。
じゃぁなんで日記を書くんだ。
自分に注目して欲しいからか?
多少はそれは、かまって欲しい。

いや、
多少じゃないな、
かまって欲しいからというのは大きい。

でも知らない人(日記公開しているからね)からのコメントを発見すると身構えてしまう。

「どうしよう。さみしいから出会いを求めようとしているように見えてたらどうしよう」とか、
「どうしよう、もしかしたらイタいのかも。私。厳しいほどにイタいのかも」とか
勘ぐってしまう。

なら書かなきゃいいのに、友人だけに公開すりゃいいのに、なんでかな。
足跡を付け回ったり、マイミクシーもそんなに多くないのに、

わーー、
たくさんの人に見られちゃったよー、
なんでかなー
恥ずかしいなぁー
デヘヘー

ってことになりたいんだろうか。


……

なりたいな。なれるもんならなりたいな。
そんな文才を努力せずに拾得して
イタくないのに面白い人気者になりたいな、
そういう気持ちは確かに少なからずあるね。うん。

頑張りたいのに頑張る踏ん切りが付かない
けれど、
じっとしている度胸もない。

そういうことだな。
現状としては。
別に打破したいとは思わないけど。
これはマジで。
建前じゃなく。
話題に上ろうと頑張ってる人、恥ずかしいと思うし。
ああはなりたくないと思う。

なったこともないから、
なれるかどうかも分からないのに、
すでに見下している、
自分!


また脳内プリンターみたいになってるな。
こうやって思考をタイプして整理するのは昔よくやった。
主に対自分ではなくて友人や上司にだけど。

20才くらいの時、
「何かおかしいと思うけど、とっさに口に出てこないこと」
を手紙というかたちでよくシンプルテキストにタイピングした。

渡すか渡さないかは置いておいて、伝えたいことを整理するために。

その中の何通かは実際に渡した。
手紙は本人を目の前にしていないので
伝えたい本題の前の前提を
ゆっくり伝えられて便利だ。
暴言の前の布石を思いのままに打てる。
PCなので編集もできる。
言葉数が多い文章を何度も考えて、
わかりやすく印象的なキャッチを考えられる。

キャッチコピーを付けるのが得意になったのはこの手紙がかなり役立っている。
若気の至りに出した例の著書もこの手紙からの抜粋だ。

…うーん。
最近は手紙を出してまで伝えたいことがないな。
伝えたい人がいない。

みんな大人になって、うまいことやっているからそんな風に感じなくなった。

いや、
私がそこまで向き合わなくなったのかも。

それもある。
あと新規の友達そんなに増えてないし。

知人から友達までのハードルが高すぎる。
私的には知人と友達の間に友人というのを設けている。
遊ぶけど、まだそんなに親しくない…とどこかで引いてしまっているのだ。
その代わり友達と親友が近い。近すぎる。
お前ら付き合ってるのかというぐらい密になりすぎる。



私はそれで良いと思っていたんだけど、ananを見て「重い」というのがちょっと身に覚えあり。
あんなに仲良くなったのに、
今は何しているのか分からない、
メールを打ってもう返信が来ない人がチラホラいる。


切ないな、
赤裸々に書きすぎた。

なーんでこんな、
知り合いが読んだら返信に困りそうなことも
サクサク書いて公開しようとするんだろう。
もっと書くと、
赤裸々に書ければ書けるほど「お、良いの出てきた」と
気分が高揚してくるんだ。

なんだ、なんだんだろう。

自分を知って欲しいのか。
一方的に理解して欲しいのか。
粗相をする前に伏線を張っているのか。

たぶん全部当てはまるけど、
全部それが第一の目的じゃないと思う。

きっとそう。

じゃぁなんだろう。


あ、
他人のプライベートって面白くない?

全然関係ない人のプライベート。

その人のこと全く知らないのに、
赤裸々であればあるほど面白い。

そうだ、
全く知らない人に向かって
楽しんで欲しいという気持ちがあるから
赤裸々に掛けると心でガッツポーズするんだ。

んでも、
ブログにUPすると親も友人もかつての友人も読んでいるので、
顔が知られているだけに妙な詮索しそうな危険性を危惧して
mixiに公開するということか。

でも上の文章を書いた事で
「見られている事への危険性を意識しているけど、心配されるのはお門違い
というのを公言できたから載せてもいいかな、と思えた。

うーん。
「心配される」のは果たして本当に「お門違い」なのか。


書けるぁ。

今日は暇に任せていくらでも書けちゃうなぁ。

少しは締めようと思って書いてるんだけど
気になることが浮かんで来ちゃって、
ふとMacの時計を見ると4:49。
(定時は5:45)
まだまだ時間あるし書くか…ってなるなぁ。
なっちゃうな。

さすがにタイピング面倒になってきた。
思考するのもめんどくさい。
でもすでにタイピングして書き残さないと
考え続ける集中力を失いだしている27才会社員。


さて、「心配されるのかお門違い」であるか否か。

うーん、



めちゃめちゃ心配されたいようだ。
聞いてみた。
心の声から心の声へ問いかけてみた。
to自分 from自分

心配されたからって事情が変わる訳じゃないし、
自分が欠陥だとか特別だとか思っていない。

むしろ代表だと思ってる。

なんだかんだ言って
みんな、同じようなことで悩んでるんでしょ、そうでしょ。
と、同調して欲しいのだ。

それで「よく分かる!」みたいなリアクションが欲しいのだ。

そうか、
私の愚痴系のエントリーは「釣り」だったんだ。

かまって欲しいという純粋か心から生まれた、
「あ、これネタになるんじゃない?」というあざとい悪意だ

みんな、ごめん!
私釣り厨みたい!!

あー、こんなオチかよ。
編集してブログにも載せるか。
現在4:55。
編集終わって5:30でございました。

懲りずに、また読んでやってください。
<< 幻肢痛ならぬ幻嗜欲 | main | TVブロス買っちゃったよ >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
コメントする








 

この記事に対するフィードバック





この記事のトラックバックURL
トラックバック


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR