Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=813
2006.01.16 Monday

ロマンファンタジー焼きミカン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
い、いまさらですけど改めて、あけましておめでとうございます。
1月ももう中旬ですよ。
新潟から東京に戻ってすぐに風邪を引いてしまってやっと復帰です。
ふー。
いつも風邪は寸止めで防げるのに今年は早速飲まれました。
この短期間に2度も風邪引いてますから。
最初は食中毒かと思った激しい吐き気と頭痛。
その次はオーソドックスな喉と鼻の風邪。
もうあれですよ、
鼻水とかたらしました。
鼻水が垂れるって言っても、普通、
ぽたぽたやるもんじゃないじゃないですか。
漫画じゃないんですから。
それが漫画みたいだったんですよ。
鼻水の限界を感じてティッシュに手を伸ばしても
間に合わず鼻水が床に落ちたんですよ。
そればかりかくしゃみをしたとたんに、
私の鼻とそれを覆った手を結ぶ架け橋が架かったんですよ!
やめれば良いのにまた私もその架け橋の限界点を求めて
手をスイッと広げてみたら、
私のリーチを越える許容量で橋は壊れませんでした。
そんなに風邪を引き続けちゃうと藁をもすがる思いですよ。
民間療法どんと来いですよ。
「焼きミカンが風邪に効くらしい」という情報をもらい、
調べてみたらミカンの皮は漢方にもなるとか。
焼きましたよ、みかん。
45度のお湯に1分浸けて、ワックスも剥がしてみましたよ。
食べますからね、皮も。
想像してみてください。
熱したフライパンにみかん。
アイ キャン シー ディス ライク ア 目玉焼きですよ。
不自然に美しいコントラスト!
で、次第にビチビチ言い始めるんですよ。
ミカンの皮が焼けてきて、
皮の断面図を凝視すると分かる
オレンジのプチプチがビチビチ言い始めるんですよ。
で、その衝撃でちょっとオレンジったら揺れるんですよ。
プチプチがビチビチでブルブルですよ。
でもね、ミカンったら球体ですから、
フライパンに接している一部は焼き色がつくんですけど、
その他は全く無傷なんです。
出荷できます。
改めて出荷できそうな勢いです。
突然の雪で雪焼けしてしまったミカンより下手したら美しいです。
プチプチがビチビチでブルブルなのにも関わらず。
で、ネットで調べてみたら焼き痕は大切じゃないらしいんですよ。
焦げ目は必要ないらしい。
大切なのは熱を加えることらしいんですね。
電子レンジでもかまわないと。
方法なんて何でも良いんです。
柴胡桂枝(私にとっての謎の万能薬)みたいな万能薬が欲しいんです。
それで入れましたよ。
みかんを。
電子レンジに。
回りますよ。
みかんが。
程よい早さで、くるくると。
やがて缶詰のミカンみたいな匂いが漂ってきて、
とうとう言いました。
プシュー
と。
吹き出しました。
機関車みたいに。
ミカン機関車。
プシュー。
なんかもう童話みたいです。
童話の世界みたいです。
ミカンを焼いた話だけで
こんなに引っ張って良いんでしょうか。
白いモダンな四角いお皿に
ほかほかのミカンが2つ。
プチプチがビチビチで
ブルブルだけでは飽き足らず、
グルグルのプシューでチンで
ホカホカですから。
もうロマンですね。
立派なストーリーを経て
ミカンは私の前で湯気立つわけですよ。
レンジで加熱したため
見た目はさっぱり変わっていないミカン。
かぶりつくと肉まんよろしく、湯気が。
ハフハフといただくミカン。
皮は舌がしびれる。
決しておいしいものではありませんでした。
ドラマがあるから、自分で作ったから旨い、
と言うやつは通用しませんでした。
そんな焼きミカンを食べたのももう5日前の話。
今治りかけてる風邪が
5日前のミカンのおかげ、
とは結びつけられませんから
私の風邪に効いたとは判断いたしかねますが、
一つのエンターテイメントとしては楽しかった、
と、思わずには居れません。

だって今年の目標は「小さな幸せ見つけて喜ぶ」だもの。
無理にでも前向きになってみる年にします。

こんな私と焼きミカンですが、今年もよろしくお願いいたします。
<< フラッシュバック2005 | main | 我が家は新潟物産展 >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
コメントする








 

この記事に対するフィードバック





この記事のトラックバックURL
トラックバック


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR