Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=816
2006.01.18 Wednesday

B型肝炎キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
久しぶりに血液検査に行ってきました。
前回からなんと2年ぶり。
せめて1年に1回は検査しなさいと怒られてしまいました。

前にもさらっと告白してますが改めて、
私、B型肝炎のキャリアなんです。

肝炎とはウィルスやばい菌が入り込み、身体を浄化する肝臓に悪さをして肝臓を壊してしまう病気。
肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、肝臓自体はほぼ無痛、無感触。
そのかわり、食欲不振、疲れやすい、微熱が続くなど風邪のような症状が出るんだとか。放っておくと肝硬変や肝臓がんにも転移して油断すると怖い病気でもあります。現在、肝炎のウィルスはA、B、C、D、E、Fの5つか確認されているそうです。
詳しくはこちらのサイトが分かりやすく書いてありました。

「キャリア」とはウィルスを保有しているけれど、そのウィルスが何の悪さもしていない状態の人を指します。
肝炎とはそもそも、肝臓に入り込んだウィルスに対して、
肝臓がそのウィルスをやっつけようとすることで炎症が起こり発病するのです。
私の場合、母からの母子感染なのですが、ウィルスが良いものか悪いものか判断できない子供の頃からウィルスが体内にいることで、肝臓がウィルスを攻撃しないんです。
ウィルスが悪いやつだって気がついてないんです!
で、ウィルスもウィルスで攻撃されなければ別に悪さもしないわけです。

母子感染もそうですが、B型肝炎の感染経路は血液や体液です。
不衛生な注射やタトゥー、ピアス、コンドームを使用しない性交渉などです。

自分がB型肝炎のキャリアだと分かったのは確か24才頃。
兄が肝炎に倒れB型が見つかり、母子感染の恐れがあるから検査しろとの連絡が。
ちょうど不摂生全開で遊びまくっている時期だったので正直ビビりました。
まさか自分に「母子感染」とか「ウィルス保有者」とか「抗原」「抗体」などという言葉が関係してくると思っていなかったので。
最近の血液検査じゃ感染率も知ることができ、肝炎の感染率は低いこともあって、私は0.025%なのだけど、やっぱり、正直へこみます。
そのとき付き合ってる人を検査へ行かせたり(結局行ってくれなかったんだけど!)、過去を振り返って心の中で頭を下げたり。
成人してから感染してもあまり慢性化しないそうなのですが、それでもやっぱりゼロじゃない。

困るのが歯医者さんなんです。
いくら感染率が低くてもゼロじゃないので、歯医者さんは二次感染を予防できる設備を持っているところに行かなくてはならないんです。
ただでさえ歯医者さんは気が重いのに、選ばなきゃいけないなんて…
以前に行った歯医者さんなんてものすごい偏見を持っていたのか、見るからに恐る恐る治療して、「痛い」って言っていた歯以外治療してくれなかったり、診察を断られたことも。予約してるのに!

で、先日突然の歯痛。
今度通う歯医者さんはサービスがしっかりしていて、肝炎に関する知識がしっかりあるみたい。
血液検査の結果を持参するように言われたんだけど紛失してしまって、久々に検査してきたというわけです。

最近担当医が変わり、すごい親身な女医さん。
今日も検査だけだったんだけど問診してくれて、いろいろ肝炎の不思議を聞いてきました。
なんと肝炎ウィルス、遺伝子を組み換えるらしいですよ!
最近エビアレルギー気味になってきたのも関係してるかも?とのこと。
無性にお掃除したくなったり、草木の世話をしたくなるのは女性ホルモンのせいだったり、怠け者なのは本人にも無症状の「だるさ」が原因だったり、ネガティブなのは自律神経のせいだったりするじゃないですか。
もはや人の性格はその人の育ってきた環境や意思が関係なかったりする部分も多大にあると思うんですよ。
「別人になっちゃう人もいますよ」なんて笑っていたけど、ああ、人体って不思議ですね。

どうしよう、
私も遺伝子が組み変わって
生まれながらの帝王気質とかになったらどうしよう!!

注射の技術も進んでいて血管が全然見つからない私も1回で入り、無痛!
しかし未だに勢いよく試験管に飛び出す血液は見慣れませんね。
だって案外どす黒いんだもん。

B型肝炎について(一般的なQ&A)厚生労働省
<< 今の水槽 | main | 「大人の極上ショコラ」あおば出版 >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
>還暦さん

感染に関してはうちの母と同じ状況かと思いました。
我が家の場合は二人の子供(つまり私と兄)に母子感染し、兄が発病してB型肝炎のキャリアと分りました。

驚きましたし、難儀なこともありますが、私としてはB型肝炎のキャリアだったお陰で、ずいぶん自分を律することができています。
やさぐれたり、やけっぱりになったり、諦めたりすることがなくなりました。
生きること、健康でいることの大切さをまじめに考えることができました。
結果的にB型肝炎のキャリアであることが、今の私にとってはかなり助けになっています。

息子さんの差別的発言は、肉親だからこそトゲが立つ部分もあるのかもしれません。
けれど親しき中にも礼儀ありですし、「差別」と深いに感じるような内容は、非や関係の如何にかからわず制すべきです。

差別的発言の原因は、気持ちのゆるみと無知だと思います。
もちろん、出血時の処理等至らぬところがあれば指摘されて当然ですが(指摘されたことがあります。。)、文面からはそういうことを言われたわけではなさそうな気がしました。

身体は大きくなっても子供は子供ですから、還暦さんは母として、礼儀と正しい知識を与えてやるのが良いと思いますよ!
大人になると誰も叱ってくれませんから、それはとても悲しいことだと思います。。
  • コヤナギユウ
  • 2013.08.10 Saturday 18:58
私もB型肝炎キャリア歴60年です。
子供の頃の予防接種が原因のようです。
20台前半で結婚し、子供も二人出産しました。
その後35歳くらいの時、献血をして発覚し、とてもショックでした。
幸い二人の子供への感染はなく、予防接種を行いました。
風邪などで免疫力低下のときは気をつけるようにとのことでしたので、さほど気にもせず暮らしてきましたが、孫がうまれたとき、息子から差別的なことを言われ、悲しい思いをしました。
しかし、可愛い孫にうつしては大変ですから、十分注意はしています。
たまに検査をしますが、その時々によって感染力が弱かったり、波はあるようです。
キャリアになったのも何かの試練だと思うしかありません。
  • 還暦
  • 2013.08.10 Saturday 16:47
>ぱんだこさま

貴重な書き込み、ありがとうございます。
発病していない今の自分を、「運が良い」だけなんだ、くらいに思っておかないとダメですね。

私の兄も劇症化したので大変そうでした。

ぱんだこさんの病状も、早く安定されますように。
  • コヤナギユウ
  • 2012.04.30 Monday 19:15
はじめまして

私は自覚症状なく突然、B型劇症肝炎を発症し、生体肝移植をうけました。

今は、月1〜2のペースで通院し血液検査と、再発を防ぐためにワクチンを接種しています。

皆さんを脅かす訳ではないですが、肝炎(特に重症の)を発症すると治療も、その後も本当に大変です。
(もちろんキャリアの人がみんな発症する訳ではないし、発症しても重症化する確率も高くはないと思いますが。)

なので、皆さんが発症することなく元気で過ごされることを本当に祈っています。
是非、不摂生に気をつけて、体力、抵抗力の低下を防いでくださいね。

ちなみに私は、仕事が忙しく体力低下しているのに、無理して激しい運動をして更に消耗した時に発症しました。

発症するまで感染の自覚がなかったので本当にびっくりしました。

肝炎の知識も検査の意識も、今はまだ
本当に低いと思います

もっと多くの人が、肝炎検査を受けるようになれば良いなあと思います

    

  • ぱんだこ
  • 2012.04.22 Sunday 19:54
momoさま

はじめまして!
B型肝炎の母子感染は100%ではないみたいです。
確かに住宅ローンに関しては分らないのですが、生命保険はムリですね。。
でも今のmomoさんにとっての大きな問題とは、キャリアであることのリスクが原因ではあるけれど、今必要としているのは彼や家族との話し合いだと思います。
特に結婚は家族間のものだと思いますし、不安に思われるのももっともでしょう。
これから彼と一緒にいるつもりでいるならば、これが最初のハードルだと思って、一緒に話し合って乗り越えてみて下さい。
ちなみに、同じくキャリアで保険に入れない私ですが、定期的に検査し観測することで、肝炎以外の病気にも気をつけています。
いざって時の保険がないのは確かに不安ですが、もっと心配なことはいっぱいあるし、ダメなものを思い続けても仕方ないので貯蓄を作るとか、他のことをがんばるしかないかな、と思ってます。まだ全く貯まってないですけど。
  • コヤナギユウ
  • 2011.01.21 Friday 19:25
はじめまして。最近付き合い始めた彼氏がB型肝炎キャリアです。母子感染で、成人してから献血の際に指摘されたようです。
私には付き合う前、初めてのデートの時にキャリアであることを告白されました。

私は医療職で、過去に3クールのワクチン接種を2回受けていて、それでも不安だったので、彼とそういう関係になる前に、血液検査を受けてHBs抗体があるかどうかを確認してきました。

彼が少し前に「病院では抗体が出来ていると言われた」と説明してくれましたが、それがHBe抗体なのか、HBs抗体なのかは自分でもよく理解していない様子でした。会社の健康診断では肝機能はすべて正常値だったようです。(受診してちゃんと先生の説明を聞くよう伝えました)

どんな人でも何かしらの病気になる可能性があるので彼の健康不安を理由にして別れようとは思いませんが、「生命保険に入れなかったり住宅ローンが組めなかったりする」ということを最近になって知り、大変ショックを受けています。

約束こそしていませんが、年齢的なこともあり彼は結婚についても真剣に考えている様子です。
彼の弟(なぜかわかりませんが、弟は母子感染しなかったそうです。数年の間にお母さんがHBe抗体+になったのでしょうか??)が最近結婚し、ローンを組んで家を建てたのを見て、彼自身も自分の家族や家を持つのに憧れている様子です。
しかし、自分自身の健康状態や抗体についての知識も曖昧な彼が、はたして生命保険や住宅ローンについての知識を持っているのかどうかな等・・・いろいろと一人で考えてしまいます。

彼がキャリアであることは両親にも友人にも
話していません。誰にも相談できず、こちらに今の心境についてだらだらと綴らせていただきました。不快に思われた方がいらっしゃいましたら、すみません。

  • momo
  • 2011.01.16 Sunday 17:18
たかひでさんのお話を読んで、とても怖くなりました。

私には、付き合って2年になる彼がいます。先日、プロポーズと同時に彼がB型キャリアであることを告げられ、大変ショックを受けました。ただし、ショックを受けたのは彼がキャリアだということに対してではなく、彼が感染の危険を解っていたにも関わらず、予防をしてくれなかったということです。

今、「何故、守ってもらえなかったのだろう、私は本当に愛されていたのだろうか」という問いが頭から離れません。たとえ、0.0001%の確立でも、もし、私がたかひでさんの彼女さんのように劇症化し死に至るようなことになってしまったとしたら…。
きっと彼は悲しみ、同時に周囲から大変な非難を受けて、たった独りきりで大きな苦しみを背負うことになったでしょう。

私が、お伝えしたいのは、善悪の話ではありません。ただ、本当に心から彼女を愛しているのなら、ご自分の最も深く純粋な部分で、彼女を守れなかったことを詫びて欲しいのです。
キャリアであることそれ自体は誰のせいでもなく、ただ、そういう事実があると私は考えます。だから彼を責めることはありません。しかし、彼がもし、心の底から慈しみ詫びてくれたとしたら。

彼女の魂もたかひでさんの愛情を受け入れ、同時にたかひでさんの苦しみも和らいでいくのではないでしょうか。
  • まり
  • 2010.12.16 Thursday 21:15
たかひでさんへ

心中お察しします……なんて言えないくらい、いろいろ大変だったことと思います。今も、でしょうが、御愁傷様でした。
ご家族の方からすると、事故のように感じ、哀しみを責任追及へ向けるしか術がないのだと思います。

責任の割合の追及については、とてもナイーブな問題なので、もし、すでに法廷に持ち込まれていらっしゃるならば弁護士を通してお話されるのが懸命だと思います。
感情論を抜きにして、きちんと明瞭化してもらった方が良いと思います。
  • コヤナギユウ
  • 2010.11.28 Sunday 14:35
僕は8ヵ月付き合っていた人に、感染させたようで、彼女は、劇症化させ、緊急入院の末2週間ご死亡しました。はずかしい話ですが、感染につての知識や予防の知識が、僕も彼女も無知でした。ご家族の方からは、慰謝料を請求されています。悪いのは、一方的に僕なのでしょうか?どなたかコメントお願いします。
  • たかひで
  • 2010.11.27 Saturday 15:08
今日、初めてみました。私も母子感染のB型のキャリアです。結婚して十数年、二十歳から付合いだした旦那は、当時、あまり知識がなかったせいか、あっさりいいよと言われ気が抜けたものでした。ちなみに、旦那の家族は誰もしりません。きっと、うるさくなるだろうと・・・余計な事は言わなくていいと言うので、話してません。同居してる訳ではないですし、全く問題なし(友達は結構知ってます)。子供は中学生一人、生まれた直後、検査をしましたが、感染していませんでした。もし感染しても、血液を入れ替えれば大丈夫だと、当時の担当ドクターに言われたような気がします(あやふやですみせん)。母乳は、血液が混ざると、感染の危険があるので、旦那と相談して止めました。回りには母乳が出ないと言って、嘘も方便です。病院で産むのは気を使う事も多く大変でした。これから出産される方は、可能なら個室(シャワー、トイレ付き)をお勧めします。血液で感染するので、共用は大変でした・・・ずっと検査は欠かしていません、年4回の血液検査と年2回のエコ―です。子供の事を考えると、体調崩すわけにはいかないですから、定期検診は必須ですね。
キャリアで結婚や出産をあきらめている皆さん、あきらめないでくださいね。婦人科系やその他の病気で、子供をあきらめなくてはいけない人からみたら、幸せなのではないでしょうか?
病気とうまく向き合えば、不可能な事も、打開策があるかもしれません。姿勢を正し、堂々としましょうね。偏見に負けなくなくないですから。
発症していないのでバイトですが仕事はしてます。
長々と書いてすみせん。初めてキャリアの方々の投稿をみて、同じ事を考えていたなぁと安心しました。
  • スパナ
  • 2009.10.09 Friday 10:23
ゆうさんへ
有り難うございました。
診断書を提出しましたが、今のところ何にも言われないので大丈夫な感じです・・・。
病気を含めてわたしを見てもらってOKだと思ってもらえたと考え頑張ります。

  • たま
  • 2008.12.02 Tuesday 23:22
たまさま

はじめまして。
たしか、きっと、たぶん、B型肝炎だからという理由での解雇は出来なかったと思います。
でも、法律上でどうでも、現場は違ったりしますものね。。
だから、何とも言えませんが、
たまさんが気にされているのならば、やっぱりお知らせ方が気持ちが楽になると思いますよ。
病気も含めて、わたし、ですからね。

健康診断書に記載してあれば問題ないんじゃないですか。
どうかしら。
  • you!
  • 2008.11.17 Monday 16:26
初めまして、私も母子感染でB型肝炎キャリアです。介護士の仕事をしているのですが最近転職し面接時には不採用になるのが嫌で言いませんでした。今後、健康診断書を提出するので解ってしまうと思いますが、それが原因で解雇になるんじゃないか心配です。
来週から仕事なんですがその事が気になって憂鬱です。
ある知り合いの医師に相談したら、感染症の事を聞かれたら言えばいい、そんな事で不採用にするならそれは差別だ。と言われました。医者や看護士さんも患者さんから感染しキャリアになった人も沢山いてそんな差別はしないそうです。
でもどのタイミングで言えばいいのか......。
みなさん、どうしたら良いと思いますか?
  • たま
  • 2008.11.14 Friday 13:08
xuejunminさん

ワオ!ワールドワイドウェブな感じですね。

日本では差別されてるというより、知られてないという感じです。
情報が少なくて関心が薄いのでしょう。

それはキャリア当人にも言えることかなと思います。
  • you!
  • 2008.03.31 Monday 02:00
はじめまして、中国のB型肝炎キャリアでございます。
日本に良い薬は無いかとインターネットで調べて、こちらのブログに入りました。
皆さんの書き残った気持ちを読ませて頂いて、やっぱ日本でも差別されてると分かりました。
  • xuejunmin
  • 2008.03.29 Saturday 23:16
みゆうさんへ

初めまして、リアルな心境、ありがとうございました。
二人のタイミングってきっとありますよね。

モンさんへ

モンさんのコメントの謎の長い間を削除したかったのですが、どうやるのか分からなかったのでイキで。

ある程度開き直ったりした方が楽なので「生涯独身」についてあれこれ書くつもりはありませんが、いろいろな人が居るので、良いこともありますよ。
あと済んじゃった事は仕方ないです。
心配なら「出来る事」をしていきたいですね。
  • you!
  • 2007.06.13 Wednesday 15:00
初めまして。               
皆さんも本当に悩んでいるんだなと胸が痛みます。 
それにしても、このウイルスってこんなに恐れられているんですね・・・。という私もキャリアだということは家族以外に親友2人にしか打ち明けた事はないのですが。
でもその親友が偏見無く付き合ってくれていることに感謝しなくちゃいけないんだなって思いました。
好きな人にキャリアだと告げたことは無いし、これからも無いだろうなと思ってます。生涯独身だろうなぁって・・・。
どうしようもないことで白眼視されることは辛すぎるし、男性のほうが『病気』に対する恐怖と偏見は大きいだろうと感じてますから。

色々なサイトで「唾液でも感染する」とありますが、何時間もキスしていたらやはり危険すぎますよね。

何から書いていいのか解らないくらいなので、内容が幼稚になってしまいました。
この頃、相手に感染させてしまったかなと思い悶々としていたものでお邪魔させてもらいました。

















































































































































































  • モン
  • 2007.04.17 Tuesday 13:06
初めましてyou!さん、みなさん。私の彼氏も母子感染によるB型肝炎です。
付き合って間もなく2年、同棲して1年です。ところが、打ち明けられたのはほんの5日前です。
本当にショックでしたが、何故そこまでショックだったのか、何故彼はこんなに長い間だまっていたのか、そしてB型肝炎でパートナーができないとかどう思われるか気になっている方のお役に少しでもたてればという訳で、彼女としての率直な気持ちを書いてみたいと思います。

まず聞いた時は、どうして今まで言ってくれなかったのかと思いました。将来の話だってあんなにしていたのに・・・2人のこれからに関わることなのにと。それから、何故、よりにもよってB肝なのかと・・・実は私は医療系の専門学校に通っていた為、何度も何度も耳にしていたものだったのです。
医者が妻の病気に気付けなかったようなショックとでも言いましょうか(笑)。
そして医療従事者として感染する危険を強調して聞かされていた為、私にとってはある意味ガンよりも衝撃でした(勿論、ガンだったら別の種類でショックだったと思いますが・・・)。
軽く医療の知識がある分、何か身近であっても受け止められると思ってきたのに、現実は情けないことに「うつりたくない」「どうして彼が?」と結局は他人事だと思っていた自分にもショックでした。

彼はというと、付き合い出した直後から私が精神的に参って体調を崩し、学校を退学して心療内科に通っている状況で言い出せなかったと言うのです。勿論、知った時の反応も怖かったらしいですが。
そして都合良く、彼と付き合う前までに学校でB型肝炎ワクチンの接種を終えていたことも、早くに知らせる必要性を無くしていたのでした。
けれど何も知らずに付き合ってきた2年間を思うと悔しくて、どうして彼がかからなければならなかったのかと思うと悔しくて、誰が悪い訳でもなく誰も責められなくて、やりきれませんでした。
パニックな中で「私は離れて行ったりしないから」「ずっと一人で抱えていて辛かったね」と言うのが精一杯でした。

それからの数日間、私は不眠気味になり、精神的不安定から体調を崩しました。
話したことでむしろスッキリしている彼に八つ当たりもしました。
そんな時、同じ学校に行っていた友達に話すと「何に対してかわからないけど悔しい」と電話先で泣いてくれました。私と彼のこともよく知っていて、B肝に対する知識も私と同じくらいの彼女が、瞬時に理解し共感してくれたことで私は救われました。
泣き虫な私が泣くことも忘れて呆然としていたのが、やっと涙が溢れるようになりました。
‘共感’の癒し効果を改めて知ると共に、今までずっと彼が私に共感という癒しをくれていた事に気付きました。
それから、疑問はどんどん彼にぶつけ、お互い傷つくこともありましたが気持ちを伝え合いました。
聞いた直後は身構えてしまった肌のコミュニケーションも少しずつ慣れ、今ではお互いの為にうつらないようにはして行くつもりですが、うつる恐怖も無くなりました。

私は彼に守って貰うのが当たり前のように思っていたことを反省すると同時に、彼自身も3年前に知ったばかりで心身共に余裕が余ってはいなかっただろうに、私を今まで支え続けてくれたことに深く感謝し、尊敬しました。
彼も、私が真っ先に「離れないから」と言ったことがとても嬉しかったらしく、今回のことで絆が深まった気がします。

大変長くなりましたが、書きながら気持ちの整理もしていたので、許して下さると嬉しいです。
正直、彼が付き合う前や付き合い出してすぐに打ち明けていたら、どうしていたかはわかりません。
けれど、これは隠しておくことを勧めているのではなく、2人のタイミングがあると思うし、いつ打ち明けても別れられてしまうかもしれません。
ただ、それはB型肝炎だけではなく、何がきっかけになるかはわからないし、私達のように更にラブラブになることもあるので、悲観しないで欲しいのです!

一つの幸せの形や何かに固執しさえしなければ、みんな必ずどこかに、幸せになる道はあると私は信じます。
長ったらしい文章を読んで頂きありがとうございました!

  • みゆう
  • 2007.04.11 Wednesday 19:58
Youさん、あこうさん

ありがとうございます。

このサイトに出会って本当に良かったと思っています。今までキャリアも含めて、B型肝炎保持者と言われる人達に会った事がなかったので、このように皆さんの感じている事、また経験した事を知ることが出来て、励まされましたしとっても感謝しています。

私の方も一時期よりは大分落ち着きを取り戻しました。相変わらず、主人の態度は変りませんが、彼も「信じてはくれないかも知れないが、君を変らず愛している。ただ怖いんだ。時間を欲しい」と言っているので、信じて待ってみようと思っています。

皆さんも頑張ってください。
また、立ち寄らせて頂きます。
  • Mammy
  • 2007.03.06 Tuesday 10:54
匿名さんへ

こころに負った傷は理屈で直るものではないと思うので、今は無理せず弱気を許していて良いと思います。
キャリアを負い目に思って言えない気持ちも、よく分かります。
でもそれをあとから知らされた相手の気持ちは?
それが「キャリア」ではなく「バツイチ」だったり「コドモ」だったり「結婚してた」だったりしたら?

キャリアとその他の出来事が同じ重さではありませんが、言うべき真実をすぐ教えてあげられなかったと言う「罪」は同じだと思うんです。

また、次に好きな人が出来たら匿名さんのためにも、相手のためにも、必要な勇気を使ってみてください。
乗り越える価値がある信頼関係を築くためにも。

Mammyさんへ
初めまして。
読んでいて切なくなりました。とても傷ついたでしょうね。。。
ショックを受けたときのリアクションと情報処理速度は人によって違います。
今は「分かって」よりも待ちましょう。
こわい気持ちを告白してくれているのだから彼も彼なりの解決策を模索しているはず。
mammyさんの今の気持ちとこれからの希望を感情的にならず、きちんと伝えて(手紙でも良いかも)その後の判断を相手に任せるようにしてみてはどうでしょうか。
冷静になれる時間と状況さえあれば乗り越えられると思うんです。
つらいとは思いますが、きっと遅かれ早かれ訪れた試練です。
もしも万が一のことが起きてもmammyさんはひとりぼっちにはならないのですから。

あこうさんへ

はじめまして。
そうですよね。起こってしまったこと、変わりようのないことを否定していても始まりませんものね。
ただでは転ばない精神で豊かに暮らしていきたいです。

正直、自分がB型肝炎キャリアであっても発覚したときにちょっとショックを受けたくらいで今までだから何かあったってことがなかったので、対して考えることもなかったのですが、このエントリーをしてからいろいろな状況の方がいらして、私も考える機会を得られ嬉しく思います。
  • you!
  • 2007.03.05 Monday 20:53
you!さん みなさまへ

私の主人はB型のキャリアです。結婚して8年経つのですが、一昨年にキャリアだということが分かりました。
正直、勢いで結婚して子供を生みました。あっという間に育児も一段落し、気がついたころには夫婦の仲はあまり良いとは言えずたびたび、離婚の話が出るようになりました。

そんなときに、会社の健康診断(たまたまその年は人間ドック)だったのでキャリアのことを知りました。

私はその時、肝炎のことは耳にしたことがある程度で全く知識がありませんでした。

主人の母が肝硬変で亡くなっていることから、主人を失うのではないか・・・ただその思いでいっぱいでした。私はここで、本当の自分の気持ちに気がつけたように思います。

そして、肝炎のことキャリアのことたくさんたくさん調べました。勉強もしました。だからもう前を向いて行こうと思っています。

人間万事塞翁が馬、災い転じて福となす

という言葉があります。人生、幸も不幸も突然訪れる。人生何があるか分からない。そんな意味です。私は主人がキャリアだと分かったおかげで、主人の大切さを思い知りました。

人間はみな、多かれ少なかれがん細胞を持っているそうです。増えればがんになる・・
ウイルスと細胞って点で違うけど、キャリアも似たような?って私は思ってます。心配ばかりしてもしょうがないってことが言いたかったのですが、伝わるかなあ?あまり過敏にならず、正しい知識をキャリアの当事者、周りの人間が身につければ何も特別なことではありません。

マニーさん、とってもお辛いのでしょう。ご主人は、ワクチンを接種されてるのだから大丈夫なのにね。男の人って(全てとは言わないけど)妙に病気・・っぽいことを聞くと怖がる。
ただでさえ、妊娠初期で気持ちも不安定になりがちなときなのでご夫婦で乗り切って欲しいと思います。キャリアのことは、知識を得れば必ずご主人の不安も取り除けると思うのですが・・。


主人は結局、肝生研を受けることになったのですが、どうも怖いらしくって、なかなか入院の日取りを決めようとしません。挙句の果てに「肝生研、やめとこうかなあ」って言ったりもしてます。往生際が悪いなあ。

私は肝炎を調べていてこのブログをみて、you!さんにたどり着いたのですが同年代で私が昔芸大でデザイン科にいたことから、勝手に親近感を感じております。また、ここに立ち寄ります。
  • あこう
  • 2007.03.03 Saturday 20:28
始めまして。
最近妊娠しまして、B型肝炎キャリアだと知らされて、調べていた所このサイトに出会いました。
本当は随分前(10年以上前)に発覚していたのですが、その時に行った医者からは何も指示されず、数値も非常に少ないので人に感染する事も肝臓を脅かす事も無いでしょうと言われて、まだ子供だった事もあってそのまま「ふーん」で終わっていたのです。
ずっと一緒に暮らしていた彼氏と去年婚約して、今年に入って妊娠が分かった為先月入籍しました。
入籍した翌日、B型肝炎である事が発覚し、私はすっかり忘れていた事だったので、その時にご主人にも感染している可能性があるから検査しなさいと言われて、正直、そんなにシビアな問題だったの?と驚きました。すぐに検査した所、彼は陰性で抗体も無いとの事。その場でワクチンを接種して様子を見ましょうという事になりました。

でも、その日から主人の様子が変って、「どうして付き合う前に言ってくれなかったのか」と責められ、性交渉はもちろんキスもしなくなり、私を触る事もなくなりました。私が「そこまで態度が変るのはとっても傷つく」と言うと、「もし、君が僕がエイズ患者だったと知らされたらどう思うか?」と言われ「君の方こそ僕の事を分かっていない」と逆に責められてしまいました。

夜寝ている時に、寝返りを打って顔が近づいただけで、顔を背けられるとやはりとっても辛く涙が出てきます。

今まで無知だった私にも問題がありますが、産婦人科のお医者様にも、専門医にも私の数値は非常に少ないので感染する確立はほぼ無いくらいだ。ただ、歳をとって体が弱った時に影響が出てくる可能性はあると言われても、彼は「感染しない確率は100%ではない、僕は感染するのがとっても怖い。保険にも入れないし、これからの人生に支障がでる」と本当に感染を怖がっています。

私はとっても悲しくて、夜になると一人で泣いたりしていて、こんな状態でこれからの結婚生活がとっても不安です。
  • Mammy
  • 2007.03.03 Saturday 09:22

you!さんへ

コメントありがとうございました。
あれから時間が経ち、少しは落ち着いています。
以前のパートナー(異性)には、後から告白しても、特に責められず(コンドームは100%
使うようになりましたが)、付き合いが続きました。

私は母子感染です。
そして、母と姉妹があまりに肝炎キャリアであることに鈍感なのです。
そういうのを見ていると(人のせいにしてるようですが)自分もついつい、自分に甘くなってしまうのですね。

私がすごく疑問に思うのは自分がキャリアであることを伝えるタイミングです。
今回振られた人にはつき合って3か月で告白したのですが、遅い と言われました。
でもつき合う前に言う勇気もなくて…。
たぶんキャリアの方ならいつも気になってらっしゃることでしょうが…
  • 匿名
  • 2007.03.03 Saturday 02:19
匿名さんへ

とてもこころに深い傷を負われたのですね。
確かに相手の考えや価値観ばかりはどうにもなりません。

でもそれは「キャリア」ばかりでしょうか。

いろいろなところに価値観の相違から生まれる「偏見」は存在します。
もっと深刻な病気や過去の罪、それから出身や国籍、肌の色…
自分にはどうしようもないことで、ひどい仕打ちを受けてしまう人はたくさんいます。

すでにあるものを「なければ良かったのに」と考えても始まりません。

いろいろな考えを持っている人がいます。

そしてショックを受けたときの対応もひと様々です。

たとえ価値観が違うからと言って別れる決断を選ばれても、みんながみんな「酷い事」を言うでしょうか。例えば匿名さんなら言いますか?

キャリアが分かって「酷い事」を言われたのはきっかけに過ぎない、と私は思います。
人の痛みが分かる人に、きっと出会えますよ。
  • you!
  • 2007.02.28 Wednesday 17:04
先日、パートナー(同性)にキャリアであることを告白して、酷い事を言われて振られました。
つきあって3か月。その間、ずっと気にしてて、言わなきゃ と思ってたし、告白した時もそのように告げて謝った。
でも結果はこうだった。
つき合う時に言え と。
現状を考えると、そう言っただけでつき合うこともなくなりそう…。
ホント、人とつき合うのが怖くなります。
  • 匿名
  • 2007.02.28 Wednesday 02:18
わぁ、こんな場末のブログがみなさまの交流の場になって、しかも少しでも元気づけるきっかけになってとても嬉しいです。
こういう場を設けているものとして幸せですね。

「たいしたことない。元気出して!」はキャリア当人にしか、なかなか言えない言葉ですね。

だから私は声を大にして言いたいですよ。

まったくもって、
たいしたことないです。

元気出すもなにも、もとから元気じゃないかと。

不都合を正当化する言い逃れにしたくないですな。キャリアを。
  • you!
  • 2007.02.24 Saturday 04:07
あこうさんへ

お返事ありがとうございました。
あこうさん、保険の情報ありがとうございました。さっそく電話してみますね。
あこうさん、同じ立場としてご意見伺えて本当にうれしかったです。また、公演のお話、とても勇気づけられました。
考えてみれば、キャリアは予防線をはれることができるのですよね。
まめに検査して、症状を悪化を未然に防ぐことができる・・具合が悪くなって、検査したらガンだった!・・なんて経験をされた方はたくさんおられるはずです。
キャリアの方の場合、人より肝臓の病気になりやすい、だからまめにチェックして症状悪化を防ぎましょう!ということなんですよ。
だから、キャリアを家族に持つ者としてできることは、キャリアの人がきちんと検査を受けるように見守ることと、悲観的にならないように励ますことだと思います。
それでも、時々不安になりますよね。私も娘が産まれてから、夫に何かあったらどうしよう・・と不安で眠れない日々が続きました。
たぶん、キャリアの方も不安を抱えておられることと思います。だからあまり、「たいしたことない。元気だして!。」とも言えないことが難しいところですね。
このブログの主催者であるyou!さんもご活躍されていらっしゃるし、こういったブログに励まされている方もたくさんいらっしゃると思います。自分に何ができるかわからないけれど、前向きに(できるだけ、無理はしない程度に)がんばってキャリアに立ち向かっていきたいと思います。
そうそう、うちの主人は年に1回の会社の定期健診で血液検査で肝機能の検査をしているだけですませていました。これだけじゃ、経過観察していうちには入りませんね。反省!あこうさんのご主人はエコーやCTなど受けていらっしゃるんですね。うちも、さっそくエコー検査など考えてみます。とても勉強になります。あこうさんのご主人様や皆様のご健康をお祈りしています。
ハマコーさんへ
家のローンの情報、ありがとうございました。ほっとしました。でも頭金があまりないのでマイホームの夢はまだ先になりそうです・・とほほ・・。

長々と意味わかんない文ばっかりでごめんなさい。




  • こっち
  • 2007.02.22 Thursday 15:06
you!さんへ

この前は失礼しました。
今日結果出ました。僕もキャリアでした。
家内は問題ないそうで以前に感染していつのまにか直った(抗体できていた)そうです。
子供らのことですが先生は有る程度大きくなってからまた検査すればいいとのことです。
あとは僕は半年に一回の検査です。
これからも長い付き合いなんですね。。。

この場を借りて保険や住宅ローンについて考えている方へ

保険ですが、とりあえずどっか加入しようと思いますがいろいろ聞くと難しいみたいですね。
でも住宅ローンはなんの問題なく通ってマイホーム手に入れました。
有る意味B型肝炎である前でよかったのでしょうか?
でも実際病気のことについて聞かれたこともなかった気がします。
  • ハマコー
  • 2007.02.20 Tuesday 19:25
こっちさんへ

はじめまして。私もまったくこっちさんと同じ立場の人間です。
ウチの主人は、一昨年にキャリアだということが分かり主人の母親が十数年前に肝硬変で亡くなっていることから、おそらく母子感染であろうということです。
で、キャリアだということが分かって、我家では保険を見直しました。
こっちさんのご主人とウチの主人が、年齢等も違うでしょうから同じ保険に入れるかどうか分かりませんが、参考までに書いておきます。

ソニー生命保険
総合医療保険***入院給付金5千円
保険料***4315円
内特別保険料***1235円

こんな感じです。キャリアだと分かる前に入っていた医療保険を残しておいてこれをプラスしました。でも、入ってすぐから、100%支払われる分けではなくって年ごとに%が定められています。
さらっと流してみてください。


私も家ではあまり不安顔をしたくないので、ここで聞いていただければ

実は、主人は2ヶ月に一度血液検査をし、半年でエコー、1年でCTをサイクルに検査しています。で今までは順調にいってて年末のCTでも異常はなかったのに、前々回から血液検査がかんばしくなく、明日の検査結果をもって肝生研するとのことです。
で、私は明日の検査結果に備えているわけです。

一応、肝臓専門医と看板をあげておられる病院にかかっているわけですが、肝生研など主人の体に傷をつけずとも良いのでは、他の病院をさがそうか、など検査結果を聞く前にいろいろ思ってしまいます。

キャリアだと、分かった時点で私は腹をくくったつもりなのですが、やっぱりコワイ。

いつだったか、肝炎友の会主催の公演にお邪魔したときのはなしです。そこの先生がおっしゃっていたのが、「キャリアだと分かったことで、もし発病したとしても肝臓ほど経過のわかる臓器はない。キャリアであれば、肝炎を、肝炎であれば、慢性肝炎を、慢性であれば肝硬変を、肝硬変であれば肝癌を..。病気を食い止める段階が、5回もある。これは他の臓器にはないことで、予防線のはれるキャリアというのは悲観することではありません。」と。そのことを何度も思い出して支えにしています。

私のよく分からない話を、長々と書いてしまってごめんなさい。でも書きながら、気持ちも落ち着いてきましたし、明日主人の病院にまたついていこうとおもいます。皆様の健康を心より願っております。
  • あこう
  • 2007.02.19 Monday 17:17
はじめまして。B型肝炎のことで調べていたらこちらにたどりつきました。これからチョクチョクお邪魔させていただいてよろしいですか?
私の主人は母子感染でB型肝炎のキャリアです。つきあってすぐ、主人から言われましたが、その時は肝炎についてよく知らず「ふぅーん。」と聞き流していました。
つきあって8年でプロポーズされました。主人は私の両親にきちんと「実は僕はB型肝炎のキャリアです。」とはっきり告白しました。私の両親は驚いていましたが、たまたま私が医療系の仕事に就いていて肝炎の予防接種をしていたことから私に感染することはないと思ったのか「彼(主人)の健康をきちんと守ってあげなさい。」といわれ結婚のオッケーがでました。私の両親も詳しくはわかっていないようで・・・。
結婚してとても幸せです。昨年子どもも産まれました。もちろん、生後すぐにワクチンを打たせました。
みなさんとてもいろいろなことにお悩みですね。たしかに、保険会社にもきっぱり断られるし、辛いこともありました。(でも保険に入っておられる方もいらっしゃるようですね。もしさしつかえなければ教えていただけたらありがたいです。12社から断られましたので)
まさか、家のローンもできないなんてちょっぴりショックですけど・・(ほんとですか?くわしくしりたいですが・・)ちびも産まれたのでマイホームを検討していたのですが・・
でも、しょうがないです。私は主人と一緒にいて幸せです。
私は主人の肝炎のことで悩んだり悔しい思いを正直たくさんしましたが、一番したくないのは後悔です。主人と結婚して後悔はしたくない!です。家が買えなくても、保険に入れなくても、歯医者で拒否されても、私は声を大にして幸せと言いたい!そして主人もキャリアでも幸せと感じてほしいと思っています。
だからまめ夫さんのコメントをみてとても悲しくなりました。私みたいな者が言うのも変ですが元気をだしてほしいです。
長々とすみません。普段メカオンチでパソコンをあまりしないのですが、主人のことでくじけそうになった時このブログを見て元気だしたいと思います。
主人には悩んでることを悟られたくないので・・。

  • こっち
  • 2007.02.19 Monday 01:44
you!さんへ

こんばんわ。
これは大変失礼しました!
(言われて気づきました・・・)
気が動転してたからという訳ないですがやっちゃいました。。。
これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m
  • ハマコー
  • 2007.02.17 Saturday 22:46
私の主人もB型のキャリアです。
でも保険に入れましたよ。高血圧なんかの人と同じ扱いで、条件付で保険にはいれました。たとえば、普通なら5000円の保険が6000円で、肝臓に関しては当初2年は支払われないとか。さがせば、いろいろありますよ。
  • あこう
  • 2007.02.15 Thursday 23:14
you!さんへ

返事ありがとうございました。
そうですね。予防接種するかしないか、彼に相談して決めます。
彼は友達にも自分がB型肝炎であることを言ってないようで、誰にも言わないでと言われて、私も親友にも言えない状態だったので、相談できて良かったです(^-^)
同じ状況の方の話も聞けて勉強になりますッ!!
  • りぃ
  • 2007.02.13 Tuesday 22:02
私じゃないのに私!と思ったら文脈によるとハマコーさんですね。(笑

rieさん
ステキですね。
まだまだ時間がありますし、いろいろ調べてみてください。
でも世話を焼きすぎて彼の自尊心を傷つけてしまうのはご用心を。
  • you!
  • 2007.02.13 Tuesday 02:34
ありがとうございます。
検査の結果はまた後日になりますが、10年越しに気分的にすっきりになりました。
あとは結果次第ですね。
またここに立寄ります。
  • you!
  • 2007.02.10 Saturday 23:22
私の彼氏もB型肝炎なんです。
最初にその事実を知ったときは、彼にもあまり心配するようなことじゃないと言われており、気にしていませんでした。
でも、付き合って1年が過ぎ、彼との将来のことを考えると不安で仕方ありません。
子どもはできるのかとか、保険に入れなかったらどうしたらいいのかとか、それから、就職の問題もあります。
彼は消防士になりたいといっているのですが、健康診断でひっかかることはないのでしょうか?
彼がどんな病気を抱えていても支えてあげたいからこそ、知っておきたいことがたくさんあります…
  • rie
  • 2007.02.09 Friday 18:32
ハマコーさん

いえいえ。私も母子感染知ったばかりの頃はちょっとショックでしたがそれを恨んだことはないですし、今は逆に良かったとさえ思っています。
ステキな家庭を築いていかれますように。

りぃさん

初めまして。予防接種は、受けるか受けないかで言えば受けちゃった方が安心だと思います。
ただ、秘密にして打って来てあとでバレると誤解を招く恐れがあるの、それとなく相談してみては?そのとき大切なのは「一緒にいたいから」の一言。
きっと彼も改めて、りぃさんの気持ちの深さに気がついて一石二鳥ですよ。
  • you!
  • 2007.02.08 Thursday 12:29
はじめまして。
昨日、彼にB型肝炎だと告白されました。母子感染だったと聞きました。発病はしてないみたいなんで、キャリアだと思うんですが。
血液には触っちゃダメだと言われましたが、今まで性交渉はゴムをしたことは無くって感染率とか調べてるうちにココに辿り着きました。
私はこの先も彼と一緒に居たいし、やっぱり予防接種するべきですよね?
  • りぃ
  • 2007.02.06 Tuesday 17:12
you!さんへ

返事ありがとうございます。
今日家内と近所の大きい病院での初診にいくところです。
自覚症状がまったくないだけにどういう状態なのか不安です。
昨日家内にいろいろと話ましたが、恐らくまだ心の整理がついてない感じだと思います。
なんかあれば治療しかないじゃんといってくれていますが、彼女が僕に対しての精一杯の励まししだと思います。
本当は自分や子供のことが気になって不安なはずなのに。
僕は10年前に言われた際、早く検査にいけばよかったと子供たちの顔を見ると申し訳ない気持ちでいます。
とにかく今日家内も一緒に検査して家内がB型肝炎にかかっているかどうか検査してきます。
そして願わくば陰性であってほしいですが、子供らのことはそれから先生と相談したいと思います。
  • ハマコー
  • 2007.02.06 Tuesday 05:46
みなさん、いろいろな想いを抱えてネットで検索して、さまざまなルートでここにたどり着くことと思いますが、是非良ければここに書いてある全員のコメント、一度読んでみてください。
あなたと同じ立場の人、あなたと逆の立場の人、あなたの思う人と同じ立場の人…答えのない価値観の中で目の覚めるような意見や本音などが書いてあると思います。

何度も書きますが、パニックというのは、自分の中で情報が消化しきれないときに起こります。
いつもは出来ているはずのこと=「ひと呼吸置いて」「相手の立場に立つ」をどうか忘れないで。
やらねばならないことも、覚悟しなければいけないことも、心配しなくてもorしてもしかたがないことが、必ず見えますから。
落ち着いたら解決できることばかりですよ。

>ねこりんさん
フォローありがとうございます。
私は口が悪くていけませんね。。
ベビーちゃんについても良かったですね。
ステキ。

>にこりんさん
ねこりんさんとお名前が似てますね!(笑
キャリアは病気とは違います。
ウィルスが暴れだして発病してしまったらそれは「病気」だけれどそれまでは普通で、五体満足です。
にこりんさんがキャリアに対してどのような考えを持つか、というところまで私は示唆できませんが、キャリアが発病に対して気をつけることはたったひとつです。
『不摂生をしない。』
それは家庭を守る母として特別なことですか?
過保護に過敏に接して特別扱いしてしまうことが一番コワいと思います。
旦那様のことも、お子様のことも何にも出来ないひとにしないであげてくださいね。

>ハマコーさん
ハマコーさんはちょうどにこりんさんと逆の立場に当たりますね。
「奥様の不安を取り除いてあげる」ことも大切ですし、なにより、ハマコーさんがお子様のことを心配しているということが、奥様に伝わると奥様も安心すると思います。
夫婦という関係は私にはまだよく分かりませんが、近いからといって何でも分かるわけではなく、逆に思い込みで相手の気持ちが見え難くなっていることの方が多い気がします。
せっかく、ひとりじゃなく二人なのですから、不安なことも心配なことも今後のことも、なんでもお二人で話してみてはいかがでしょうか。

私も兄の発病で23才の頃、キャリアであることを知りました。
そのときはなんだか「母子感染」だとか「血液感染」だとか、兄の闘病の姿などを見て、大変なことになったと、とても気が遠くなったものです。
でも今となってはキャリアであって良かったとさえ思うことがあります。
キャリアであったからこそ、地に足の着いた暮らし、だとか、人を大切にする、自分の時間を大切にするということを恥ずかしがらず真っ正面から考えることができたと思います。
今の彼も、キャリアであることをしっかり伝えたことで「人を幸せにするってどういうことか考えた」そうです。

機会がなければ後回しにしてしまう、大切なことを考えるきっかけを与えられた、と「キャリア」を受け止めてみることもできるのではないでしょうか。
  • you!
  • 2007.02.05 Monday 19:43
はじめまして、昨日血液の検査出てB型肝炎にかかっていることが分かりました。
実は約十年前にあるバイトをきっかけに「もしかしてあなたキャリアかもしれなよ」って言われたことがあって、そのときは「B型肝炎ってなんだそりゃ?」ぐらいな気持ちしかなくて今思えば早く病院にいっておけばよかったです。
というのもそれから結婚して子供も二人いて今は家族のことも心配です。
来週病院にいって精密検査して来ます。
家内は冷静そうにしているけど不安なんだろうな・・・
  • ハマコー
  • 2007.02.03 Saturday 22:45
結婚して一年半がたち、子どもにも恵まれ幸せな生活を送っていました。
最近夫がキャリアだとわかり、夫婦でこの病気に立ち向かっていこうとしています。
症状がでていない夫は、心配してもしかたがないという感じですので言いませんが、今まで何もないと思っていただけに家族の健康が心配です。乗り越えていかないといけないとおもっているのですが。
結婚する前に知っていたら、どうしていたんだろうか?運命と受け止めて、進むしかないですよね。
  • にこりん
  • 2007.02.02 Friday 16:45
そうそう。それからウチのベビーちゃん、検査が出て、ちゃんと抗体つきましたヨ。半年にわたるワクチンで完璧です。ホッと一安心(^^)
  • ねこりん
  • 2007.01.25 Thursday 16:07
まめ夫さん考えすぎですよ〜。
もっと明るく生きなきゃ損ですよ!
私もキャリアだけど幸せに生きてますけどね・・・。前述べたとおり、家族で私一人キャリアで、どこでもらったか分からない。母も最初は悩んだみたいだけど、医者のおじさんが大丈夫だよっていってるし。医療関係者は結構多かったりするとか!?っていうし。
それから、彼女と別れたのは病気が原因ではないと思います。まめ夫さん病気のこと考えすぎて暗かったんじゃないですか?まずは、その気持ちを明るくすることのほうが大切じゃないでしょうか?っておもいます。ちなみに旦那の両親は私がキャリアなんてしりません。(言うか言わないかは旦那にお任せです。二人の問題だし。変に心配かけるでしょ。)
世の中には、もっと重病・ハンディで悩んでいる人はいくらでもいるんです。それに、人間なにかしら、ハンディはあるんですよ。
厳しいこといっちゃいましたけど、それごときで人生あきらめてほしくないんです。キャリアだって幸せになれます!
  • ねこりん
  • 2007.01.25 Thursday 16:02
初めまして、書き込み拝見致しました。
状況としては私と近しいところもありますが、ご両親がB型肝炎のキャリアに対して偏見をお持ちであるということは非常に苦しいところですね。
親という立場上もそうでしょうし、年齢的にも考えが固まってしまって柔軟に捉えることは難しいことなのだと思います。

ただ、初対面でなんですけど、きびしい言い方をすればまめ夫さんの気持ちが病んでいると思いますよ。
まめ夫さんの文章を読んであまりいい気持ちがしませんでした。

偉そうなことを言うようで恐縮ですが、人はやっぱりひとりで生きているわけではないと思います。
個人と個人のカラダが別々である限り、その人の本当の心の中というのは分かりません。
その人の幸せや望みは、本人以外には本当のところ、分からないものだと思います。
まめ夫さん自身もご友人に「悲劇のヒロインを演じているのか」と言われてそう思われたと思います。

人の幸せや望みを勝手に判断しないでください。

ご両親の幸せがどこにあるのか、過ぎてしまったことと思いますが恋人の幸せがどこにあるのか、ゼッタイ分からないんです。

だから、まめ夫さんはまめ夫さんの望みを、これからきちんと相手に伝えてください。

その上で相手に判断させてください。

一緒に居るのに独り相撲を取るのは、相手を無視していることと同じではないでしょうか。話が分からない子供が相手なのではありません。意思と希望を持った個人です。
相手を認め、相手の幸せを望むなら、ぜひ、これからはまめ夫さんの本当の胸の内を、わかりやすくはっきり伝えていって欲しいと思いました。

B型肝炎はきっかけかもしれないけど、なんの理由にもなりませんから。
まめ夫さんの心身ともに、御健康をお祈りします。
  • you!
  • 2007.01.23 Tuesday 19:40
はじめまして。まめ夫と申します。
B型肝炎について検索していましたらこちらのブログにたどり着きました。
誰にも相談出来ず、ずっと溜め込んでいました。お話聞いて頂けないでしょうか?
わたくし35歳のオスです。B型肝炎キャリアです。兄もB型肝炎で10年ぐらい前に悪化し入院しました。その時に両親も血液検査しましたが正常でした。未だにどこから感染したか分かりません。両親が知らない間に完治したのか、昔のインフルエンザの注射針から兄弟のどちらが感染したのか。(昔は1本の注射で2人に打ってましたからね)
兄の入院で、母は体調が悪くなりました。しばらく病院から貰った睡眠薬とか精神安定剤飲んでましたから。精神的に弱い母なので・・・。
私がキャリアだと分かったのは兄の発病がキッカケで、まさかね・・・と思い検査したら・・・まさかでした。真っ暗でした・・・。しばらく病院の駐車場でボーっとしてた様な気がします。
両親は私がキャリアだとは知りません。兄には私がもしもの時の為にキャリアだと言いましたが、その時、2人とも、しばらく無言でした・・・。その時に私は兄に「両親には内緒にしたい」と言いました。もし私もB型肝炎だと知ったら母は間違いなく倒れる事は知ってるから・・・。母だけ内緒というのは・・・という事で父も知りません。
小さい頃は兄と洗面道具全て同じの使ってましたので、それで感染した可能性もあると思います。それを知ったら親は自分を責めるのでしょうね?それが恐く内緒にしてます。私も兄も両親を恨んだことはありません。逆に内緒にしてる事が罪悪感感じてます。バレたら殴られるのでしょうね?きっと・・・コワイコワイ。
同日、当時付き合ってた彼女を呼び出し、病気の事を言い、別れようと言いました。病気の事にビックリしてましたが、気にしないと言ってくれました。とてもうれしかったです。それから数年後、私は結婚の事を考えだし、病気の事、親にも言っていないのに、彼女の両親に言うべきなのだろうか、内緒で結婚する訳にはいかないのだろうし・・・胃の痛い毎日でした。ひとまず彼女にプロポーズのつもりで「病気の俺の支えになって欲しい、ずっとそばにいて欲しい」と言ったら「そんな言い方ズルイ!」って言われました。自分は気づかなかったけど、彼女はもう気がなかったのですね。そん時は笑いながら「うそうそ忘れて!」って言いましたけど、心の中はブルーでした。それから何年かダラダラ付き合ってましたけど2年前ぐらいに別れました。正直、持病持ちの私には止める権利はなく、潔く手を引きました。好き好んで病気持ちと結婚したい人は居るはずもなく、彼女には普通の人と結婚して幸せになって欲しいし。自分の病気の苦労を相手と分け合い、自分が幸せになっても良いのだろうか・・・と。
ある人には「悲劇のヒロインを演じているのか」と言われました。別に回りの人は、ほぼ知らないので、おおっぴらにならない限り「悲劇のヒロイン」にはならないと思うんだけど・・・まぁB型なので、ひねくれているかも知れませんけどね。
でも、ウチのばぁちゃんの口癖は「自分の幸せより他人の幸せを」でした。尊敬していたので、ばあちゃんの影響もあるかも。俺の結婚式、昔から楽しみにしていたよね?ごめんよ、きっと見せられないよ・・・ゴメン。
結婚資金無駄になったので、20代からの夢だったマイホームをこの度買いました!!親の反対を押し切り。ほんと親不孝でゴメンよ。
好きな映画&音楽をガンガン鳴らして満喫してます、ひとりで・・・。
もう・・・一人で生きていこうと思ってます。兄も一児のパパなので○○家も安泰です。
ふぅ〜。沢山書き込ませて頂いたので10年間の溜め込んだ物がキレイに吹っ飛んだ感じです。長々と申し訳ございません、くだらない独り言だと思って下さい。
こんなくだらない事を言ってる私が言う事ではありませんが、皆様のご健康と回復・完治を願っております。
  • まめ夫
  • 2007.01.23 Tuesday 01:50
いえいえ。お構いもしませんで…

結構居るはずなのになかなか会わないですよね。キャリアの方。(そんな話しないだけかも、ですが)
そこいくとネットはとても有効なツールですね。
  • you!
  • 2007.01.11 Thursday 15:20
そうですね。
感染したら結局「高いも低い」もないですよね。
後悔しないためには
気をつけないとね。

(たぶん)同じ年で、
同じキャリアの方とお話できただけでも
ちょっとうれしかったです。
ありがとうございました。
  • ねこりん
  • 2007.01.04 Thursday 18:50
あんまり気にしなくて良いというのは同意見ですが、当事者としては「気にしてるよ!」というアピールをしなくちゃ、とポーズをとっていました。
彼は抗体の注射を打ちにってくれていますが「免疫はなくなるから打ち続けなくちゃいけない。B型肝炎に感染率の高いも低いもない」と言われたそうです。
お医者さんによって持論は違うようですね。
(私の主治医は感染率は低いからそんなに心配しなくて良いという見解ですが)

個人の考え方に依存してしまうけど、私の場合はもしもの時に取り返しがつかないと後悔しないようにすることと思っています。肝炎の予防に限らず、全てにおいて、ライフスタイルとして定着できるように心がけています。
理想論ですけどね。
  • you!
  • 2006.12.27 Wednesday 17:33
私もB型肝炎のキャリアです。
私の母子感染ではなく水平感染のようです。だぶん、小さいころ打った注射が原因と思われます。
私の場合、父が急性肝炎になり家族全員、血液検査をしたら私だけキャリアになっていました。4歳ころに発覚しました。
なので、小学校か中学校でもうわかっていたためか、あまり危機感がなかったようです。ここのブログをみて、歯医者も選ばないといけない、保険も入れないと聞いて驚いています。
しかも、私は去年結婚し、旦那に予防接種を打てといっても聞いてくれず、なあ〜なあ〜のまま今年子供を産みました。妊娠中の血液検査でHBe抗原陽性と言われたので感染力が比較的低いとはいえ旦那にうつらないか心配しているところです。(旦那はもっと危機感がなくて困ってます!!)
いまベビーちゃんは、HBワクチンを打っています。最初の血液検査では、お医者さんに「もしかしたらうつってるかも。でも念のためワクチン打っときましょう。」といわれました。感染力も弱いし「なぜ?」って思いましたが、まあ仕方がないこと。産婦人科でも「免疫グロブリンを打ちましたけど、絶対うつらないわけじゃないから」と念おされてました。昨日ベビーの血液検査の血を採ってきました。結果は来週です。
こんなんではいけないかもしれませんが、気にしすぎも良くないと思います。通常は、血液のつくものは自分で処理することを気にしているくらいです。
国ももっと対策をしてほしいものですね。水平感染は、国が早く対処していれば患者を増やすことなかったのに。増やしたからには、配偶者のワクチンを無料したり、キャリアの血液検査も無料にしていくべきではないかと思います。発症して医療費かかるより予防に専念したほうがいいのではないかなっと。一個人として思います。
長くなってすみません。
  • ねこりん
  • 2006.12.19 Tuesday 11:00
どうもありがとうございます。

いずれにしよう、これからはどんなことがあってにも、元気良く自分の人生を歩みたいと決心しました。

We love you!
  • ヨウ
  • 2006.08.29 Tuesday 17:10
ヨウさんはじめまして。

B型肝炎やキャリアが理由で解雇できないらしいです。
聞いた話ですが…

私からのはなしなんて「友達から聞いた」レベルの厳密度と思ってくださいね。
  • you!
  • 2006.08.29 Tuesday 02:01
はじめまして、ヨウといいます。

今日はネットサーフィンしたら、このサイトを見つけて、とてもよかったと思います。

実は、先日会社の本配属むけの検診で自分がどうもB型肝炎のキャリアだったことが分かりました。

色々と複雑の気持ちです。ここで、聞きたいことは、現在自分は仕事の試用期間中ですが、このままでは解雇されることがありますか?

もしよろしければ教えてください。

  • ヨウ
  • 2006.08.27 Sunday 21:12
はじめまして。
なんだかここが駆け込み寺のようになっていますね…
ですがコージさんは27才の立派な大人ですし、もう少し調べれば専門家でもない私が持っている情報と同じ位の事ならば分かると思うのですが…

真剣に悩んでいるのは分かります。
でも、もう少し調べれば分かる事は面識のない私へ安易に尋ねるよりも懸命と思います。

私が記憶している範囲内でお答えしてみます。
専門家などではなく、単にキャリアの当事者なので参考程度にとらえてくださいね。

・B型肝炎というのはウィルスの暴走によって起こるそうです。抗体が出来ているというのは「抵抗する身体」が出来ているという事です。ウィルスが体内に侵入してもやっつけられるから大丈夫、ということですね。なのでB型肝炎ではないと思いますよ。
お子様にも抗体があるので問題ありません。

…というか、コージさんの場合、ご自身の問題だけでなく、ご家族の問題で、担当医がいらっしゃるんですからお医者様にとことん聞いて、もっと理解を深めてください。
頼みますよ、お父さん。
  • you!
  • 2006.08.13 Sunday 16:06
初めまして、コージと言います。
病院で色々聞いたのですが今だ分からない点が多いので教えてください。
私は27歳で彼女(現在の妻)が妊娠し結婚しました、現在33歳です。その妊娠中に妻がB型肝炎だと病院から聞きました、妻もその時初めて知ったらしく、お互いの体・子供のことでかなり落ち込みました、子供は主産後すぐ、抗体を打って大丈夫らしいのですが・・妻もたしかインターフェロンと言う薬を打って半年に1度病院で数値の検査をしております、私は検査したのですが抗体ができているから大丈夫と言うことで、何も治療もせずです。
そこで質問ですが、
・私には抗体ができていると言うことですが何も治療せず病院にも行っていませんが、私もB型肝炎なのでしょうか?
・次の子供を考え避妊具なしで性交渉をしていますが大丈夫でしょうか?
・私が他の女性と性交渉を行えば感染させてしますのでしょうか?
・子供については、主産後は特に治療・数値検査等していませんが大丈夫でしょうか?
よろしければ教えてください。

  • コージ
  • 2006.08.12 Saturday 11:56
cococoさんへ

はじめまして。なんだかとっても深刻なお悩みで、こんな個人的な場末のブログになんの安心感も与えてはあげられない気がしますが…
私はB型肝炎キャリアの当事者であり、また、専門家でもなく一個人です。その事をふまえて思った事を少し書いてみますね。
当事者の立場からあまり言うべき言葉ではないのですが、実際B型肝炎のキャリアはたいして大変な事ではありません。確かに、ウィルスを保有していますので発病の危険や、感染など周りの人への配慮は必要なので「問題ない」訳ではありません。
ですが、もっと広い目で見た場合、キャリアである事は社会的にも何も守られていないように、とても小さな問題です。世の中にはもっと大きな不幸で、または不運でずっとずっと苦しい目に遭っている人がたくさん居ます。それを言ったらきりがない、ですけどね。
cococoさんの場合の一番の「問題」はショックを受けたという事実を一人で抱えている事ではないでしょうか。だんなさまがいくらのんきでも、立派な成人したオトナですし、cococoさんが見込んだ魅力と将来的展望のある男性です。彼を信用して相談してみては同でしょうか。生活するにせよ、縁起でもないけれど離婚するにせよ、一人では決められないはず。
一度冷静になって「ショック」の内容を整理してみてください。
心配な事、不安に思っている事、聞いた噂…などなど。パニックというのは自分の中の情報が整理できないときに起こると思うのです。人に話すという事は説明しているうちに冷静になれるものです。それが人生の伴侶と決めた人と将来のはなしが出来るのならば、とても建設的な行動だと思います。
だんなさまももしかしたら、不安や心配を抱えている可能性だってありますしね。
まずは自分の気持ちと情報を整理してみてはいかがでしょうか。

JUNさんへ

おひさしぶりです。良かったですね!ステキ!
ウィルスなんかないに越した事はないけれど、これをきっかけに地に足をつけた生活や人を大切にする事を、はぐらかさずに向き合えたのは良い事と私も思っています。
それを理解して一緒に居てくれる人を探して大切にしようと思う気持ちを持てた事も収穫と思います。
豊作ですね。(笑
  • you!
  • 2006.08.09 Wednesday 01:22
ごぶさたしてます。
仕事が忙しくてパソコンを開くことができず、こんなに日にちが経ってしまいすいません。
励ましのコメントすごくうれしかったです。
あれからもう一度気持ちをちゃんと伝えて、一時は終わりそうになったのですが、今ではほとんど以前どおりの関係に戻ることができました。
あのことがあってから、きちんと病気に向き合おうと思い、近くの病院を受診しました。
お医者さんに今はいい薬もあるから、一度ちゃんと検査して、できる治療を考えようといってくれて、今週検査結果を聞きに行きます。
どきどきするけど、自分の体のことしっかり管理していかなきゃなって思っています。
ありがとうございました。
  • JUN
  • 2006.08.08 Tuesday 12:14
私の夫はB型キャリアです。昨年、結婚しました。私は血液検査をし、抗体が陰性と言う事でワクチン接種しました。彼はそれまでB型キャリアは完全なB型ではないと勘違いしていたらしく、全く危機感が無かったようでした。私が医者に直接聞き、B型肝炎と知りびっくりしたようでしたが、あまり深刻には感じていないようでした。私は正直ショックでした。彼の兄弟もB型で結婚しています。嫁同士話をしたところ
B型肝炎の人は、保険に入れない。家を建てたくても銀行からお金を融資してもらえない。家を配偶者名義にしてもその配偶者にもしものことがあれば、ローンが身内に降りかかることになるとか、子供の学資保険すら彼の名義では入れないとか。
変な話。彼に何かあったら今後産まれてくるだろう子供と私はどうやって生活していけばいいのでしょうか・・・これといって今のところは治療まではいたらず、肝機能をよくする薬をふくようしていますが、審査も通るほどの数値ではないので保険も利かず検査のたびにかかる莫大な医療費。。何か補助金がおりる制度がないと、夫のような症状の人は宙ぶらりんです
 全く危機感の無い彼とはうらはらに私は先のことを真剣に考えると精神的に不安が一杯で仕方がありません。先が見えずこのままでは子供すら作る自信もありません。とても欲しいですが。。とにかく
どうしたらいいかわからないのです。
よいアドバイスお願いします
  • cococo
  • 2006.08.06 Sunday 23:28
わお、初めまして。
お名前がとってもゆかりのある人物と同じでしたのでびっくりしました。
親近感がわきます。

そしてたかひろさんの彼女はちょうど私と同じ立場ですね。
さらに親近感が。

逆に私からもいろいろ聞いてみたいです。
こちらからもご相談させていただければ幸いです。

やはり、B型肝炎キャリアと聞いたときは、衝撃でしたか?
(お気を使わず率直なご感想を伺えればと思います)
  • you!
  • 2006.07.27 Thursday 23:05
初めまして。
私の彼女がB型肝炎の母子感染によるキャリアです。その彼女とつきあうようになって事実を聞き、インターネットで調べたり、彼女にいろいろと聞き、私は、別れるということよりも一緒にいたいという気持ちから、ワクチンの接種を選びました。そして、2回で抗体値256を獲得しました。ワクチンの副作用が怖かったのですが、幸いなことにそれも大丈夫でした。今は、彼女との結婚も考えており、このまま発病しないまま、平穏に時間が過ぎることを願っています。性交渉はすぐに結婚できないため、避妊具も使用しています。これからも時々、相談とかさせていただければ幸いに思います。
  • たかひろ
  • 2006.07.27 Thursday 19:55
はじめまして。
それはそれは…いろいろ心配でしょうね。
済んでしまった事は仕方がないとして、なんでゴムなしでエッチしちゃったか、今、今後も関係を続けてくれるか不安に思っている思いをメールででも良いから伝えてみてはどうでしょうか。
きっと相手の人は感染の危機もショックかもしれないけれど言ってくれなかった事で大切に思っていなかったのでは?軽い気持ちなのでは?と思っていると思うのです。

JUNさんは今、そうやって不安に思っている気持ちをきちんと相手の人に伝えて、あとは待ってみるしかないでしょうね。

オトナになってからの感染で慢性化したりしないらしいけど、それはウィルス保有者の口からフォローする言葉でないと思うので、気持ちの面で、伝えたい気持ちを、きちんと伝えるのが良いと思いますよ。
私の意見ですが。。

気持ちが届くと良いですね。
  • you!
  • 2006.07.25 Tuesday 12:06
はじめまして。B型肝炎のことを調べていたら、このブログにたどり着きました。
私もB型肝炎のキャリアです。
最近好きな人とゴムなしで性交渉をしてしまい、それをその人に打ち明けました。
そんな簡単にうつらないだろうって甘く考えてたんですけど、もしうつしてしまったらって怖くなって、ちゃんと言うことを決心しました。
だけど、相手にはすごく不安な思いをさせてしまって、はじめからちゃんとゴムをつけておけばよかったとすごく後悔しています。
これからその人があたしとの関係を続けてくれるのか不安で仕方ないです。
  • JUN
  • 2006.07.24 Monday 17:31
おお、激しく反応遅れました。

私は幸い発病していないのでこのまま不摂生少なくキープして行きたいです。
妊娠おめでとうございます!

個人的にはそんなに病気のことを知りませんし、病気に対する知識も乏しいです。さらに発病や闘病の苦しさも知りません。
それでも誰かに打ち明けたいという気持ちをお持ちであればいつでもお話をお伺いさせてくださいね。
  • you!
  • 2006.06.06 Tuesday 17:29
私も肝炎を持っており、インターフェロンもやりましたがセロコンはしませんでした。
MIXIのほうにいますのでマイミクとしてお付き合いさせて下さい。同じ苦労を持ってる人同士でないと分かり合えないことですから。
  • すたー
  • 2006.05.14 Sunday 11:47
はじめまして。私の夫もHBVのキャリアです。夫はたぶん小さいときに受けた予防接種(当時は針を使いまわししていた)で感染したようで、一緒に予防接種した夫の兄は現在肝炎の再燃で肝機能の値が悪化し、(800〜900台)内服(ゼフィックス)とインターフェロンの併用療法を行っています。ちなみに私は皮肉なことに消化器内科のナースをしています。私は仕事柄抗体のワクチンを接種していたため、感染せず、現在は妊娠中です。
  • えりえり
  • 2006.03.31 Friday 22:35
安心してみるためにも血液検査はおすすめしますよ。
初回だったら肝臓のエコーも撮っておくと良いと思います。
エコーは妊婦さんが赤ちゃんを見るあれですね。
設備がありそうな大きな病院の受付で「B型肝炎の検査をしたいのですが…」と言えばオッケイと思います。内科で診てくれますよ。
受けてしまえばなんてことないので頑張ってください。
  • you!
  • 2006.02.21 Tuesday 22:29
はじめまして。
SAPPYと申します。
B型肝炎について調べておりましたら
こちらのブログにたどりつきました。
私は母子感染でB型肝炎のキャリアに
なりました。
現在20歳なのですが
血液検査を受けておりません。
体がだるいときもあり、
心配なのですが、
まずは血液検査を受けるべきなのですが
病院に行き、「B型肝炎検査をしたいのですが」と伝えればいいのですかね?
質問してすみません。
  • SAPPY
  • 2006.02.21 Tuesday 18:33
いろいろな人のお役に立てたり、また情報をいただいたりできてブログって便利でステキなツールなのねぇとしみじみしました。
ありがとうございます。本当に。

DNAですかー!
「肝硬変にならないようになる薬」…
私が次に病院へ行く予定は今のところないですが気になりますね。
ちょっと調べてみます。
  • you!
  • 2006.02.17 Friday 18:10
私にはHBS抗体があるから平気だと思ったら そうではないようで、DNAのなかにひっそり潜んでいるようですね、妹は血液検査では陰性だったのに 結局DNAでプラスと診断されました。私もDNA検査をしてきます。病院は 保険の関係上HBS抗体、抗原しか調べないようですが それだけでは足りないのが実際です。

肝硬変にならないようになる薬も今はあるようですね、みなさんももしB型キャリアなら 飲んでください。一人でも肝硬変、そして肝細胞がんにかからないためにも。。。
  • 2006.02.15 Wednesday 13:21
はじめまして。
今日、自分がB型肝炎キャリア(らしい)と知った通りすがりのものです。
どんな病気なんだろうと思い、色々みていたところ遭遇いたしました(笑)
私の場合は黄疸がでて、急性肝炎で入院したのですがそこではじめてB型肝炎ウィルスを持っていることを知りました。
さきほど病院へ行ってきたのですが、先生にたぶんキャリアだと思うといわれ、詳細は来週の検査結果でわかるそうです。
色々不安に思っていることがあったのですが、you!さんのブログにたどり着き、なんか心強いものを感じました。
通りすがりのクセに長くなってしまいましたが・・・頑張りましょ♪
おお、ステキですね。
あと、もしも万が一発病して大変なことになっても、「沈黙の臓器」である肝臓は「最強の臓器」でもあるらしく、4/5切断してしまっても残りの1/5残っていればちゃんと機能してくれるタフな臓器でもあります。
油断は出来ないけれど腫れ物に触るみたいにデリケートな病気でもないと思います。

あんまり気にせず、いつまでもお幸せに。
  • you!
  • 2006.02.02 Thursday 11:49
違うトコにコメントしてしまった…(^_^;)
返事遅れまくりました!
精液の回答凄く勉強になりました!もっと勉強したい!彼とは3年後くらいに結婚予定です(o^▽^o)
  • こた
  • 2006.01.31 Tuesday 19:27
まだ見てるかな?
聞いてきましたよ、精液のこと!
精液も退役なのでそもそも感染力は血液よりずっと低いらしいですが、胃に入るとタンパク質なので固まるらしく(知らなかった)、胃粘膜から「消化吸収」して感染、ということはないそう。
ただ、胃までの通過経路の傷口からの「感染」はありえるそう。
例えば口内に歯槽膿漏、胃に潰炎、食道のただれなど。

でも性交渉含め、感染率はゼロじゃないけど一般的な予防(カミソリや歯ブラシを共有しない、コンドームの使用)をしてればほぼ問題ないでしょうとのこと。

あと、抗体を作る予防接種は大きな病院なら常備しているけれど基本的に事前に問い合わせて取り寄せてもらった方が確実。
接種スパンは最初の接種から1ヶ月、6ヶ月の3回、7ヶ月間かかるけど、その間にHBS抗体というのが出来れば別に7ヶ月かからないそう。
ただ、抗体がつかない人や、その抗体がすくに無効になってしまう人もいるので、そういう場合は「一般的な予防」をするようにしてはどうでしょう、とのことでした。

以上、聞き難いこともライト感覚(友達の口癖)で突っ込むyou!がお届けしました。

参考になれば。
  • you!
  • 2006.01.25 Wednesday 12:25
私も凄く詳しいわけではないですが、私が記憶している範囲内でお答えしてみます。
合ってるかどうか確証がないので参考までで。

体液は血液に比べれば低いらしいです。
キスして唾液が触れるくらいでは平気とのこと。
ただセックスは摩擦で出血の可能性があるのでコンドームの使用が推奨されてます。
精液については聞いたことないなぁ。
水曜にまた医者へ行くので聞いてみますよ。(笑

もし、彼と長いスパンでおつき合いしいくつもりなら予防接種した方がお互いに安心だと思います。
抗体を作るために1ヶ月に1回ワクチンを3ヶ月打つそうです。
これは1度抗体が出来てしまえばもうやらなくて良いのでオススメ。
  • you!
  • 2006.01.21 Saturday 13:16
私の彼氏はB型肝炎です
血液感染するから歯ブラシや剃刀なんかは一緒に使わない方がいいと言われてました(^_^)
体液の事は知りませんでした
例えば体液って?
唾液や精液とかは?
セックスもゴムは使用してない方が多いです…
精液もごっくんと飲んじゃったり…
詳しく知りたいです(>_<)

  • こた
  • 2006.01.20 Friday 20:49
ワワ!意外な共通点!(笑
肉親以外のキャリアの人、初めてであったかも。
病院のご紹介ありがとうございます。
何かあったら駆け込みます!

キャリアのおかげて地に足のついた生活が送れるようになったのは確かですね。自暴自棄なことしなくまりました。
また差別や偏見についても考えるようになれたのは良かったかなと思います。

変に気負って頑張りすぎず、目指せ、うっかり完治、ですね。
  • you!
  • 2006.01.19 Thursday 15:44
お久しぶりです^^
B型肝炎キャリアでしたかっ!!
同士ですよぉ。
私も母子感染で、母の兄は肝硬変で亡くなり、母も劇症肝炎になり生死を彷徨いました。私も発病したコトがあるので定期的な検査は行ってますが、病院によって対応が異なるのには不満があります。
「あなたたち医者でしょ〜〜?」って行ってやりたくなります。
ちなみに私の主治医は日比谷にある「日比谷クリニック」です。肝臓の研究に詳しく、病院は小さいのですが先生は一流です。
http://www.hibiya-clinic.com/
もし興味があったら見てみてくださいね!

キャリアだと色々イヤな思いしますが、逆に自分がそういう立場に立っているコトで見えるモノもあるので、ある意味感謝してます。
お互い不摂生に気をつけて、突然完治するコト期待しましょ♪(ウチの母は劇症肝炎をキッカケに完治しちゃいました)
  • orange
  • 2006.01.18 Wednesday 17:16
コメントする








 

この記事に対するフィードバック





この記事のトラックバックURL
トラックバック


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR