Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=827
2006.02.02 Thursday

エコロジーを消化したい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
あいたたた…
久々のハイブリーチで痛んだ頭皮からかさぶたが出来始めたyou!です。
痛い…おそろしや…
しかも頭の色も凄い勢いで落ちてきて、「ただの金髪」になる日もそう遠くないかも。やだやだ、金髪はやだ。

金髪とはなんの関係もないのですが、今、自分の価値観のボーダーを見極めたいものがあります。
それはエコロジー。

きっかけは「ecocolo」というエコを中心とした「オシャレな」情報誌です。
「エココロ」とはエコを思う気持ちだそう。


いろいろな「優しさ」が紹介されていてそれは環境だったり、植物だったり、リサイクルだったり、健康だったり…
でもなぜか、全てがすべてを受け入れられない自分がいるんです。
特に考えさせられている(現在進行形)のはUAのインタビュー。

今UAは山の近くに暮らし、かなりスローな毎日を送っているそうなんです。
自然の凄さを毎日体験していると。
それは良いんです。普通にうらやましいです。
それでね、彼女、病院にずーっと行ってないんですって。
民間療法で体調が悪いときあたためたこんにゃくを当てるんですって。
それで「UAにとってのエココロとは?」という問いに

「“しょうがない”とあきらめてしまうのではなくて、“できる!できる!”って言う感じで、すぐにお薬を飲まないでこんにゃくを買って当ててみるということなんじゃないの?すぐには効果が分からないかもしれないけど」(一部意訳)

と比喩しているんだけどさっぱり理屈が分からない。

私ね、UA大好きなわけですよ。
忙殺されてもコンサートにいくし、たとえ前半疲れで爆睡してても波動を感じられればそれで良いと思うくらい、いわゆるファンだと思うんです。
つまり彼女を肯定的にとらえている立場から見ても何を言っているのか、言わんとしていのか理解できなくて。

私の中に部分的にエコに対して不信感と言うか嫌悪感があってうまく分離させられないんです。
この雑誌の創刊号を目にした時も嫌悪感が勝って購入に至りませんでした。
嫌悪感はどこからくるの?

エコロジーには興味があるんです。
何かを慈しむことで何かを救えたら…と思います。
無理しないで幸せに暮らしたいと思います。
華美な必要はないし、ゆっくり暮らしたいです。

そいういう意味ではやっぱりこの本もおもしろいし、
ステキな者や活動をたくさんたくさん、紹介してくれています。
UAも好きなんだけど、
なんだか、
なぜだか、
すっきりしない。

どうしてなんだろう。
まだ整理ついていないけれど、自分の中のエコロジーを考えてみることにしました。
私が気をつけているエコとは、なんだろうなと。
エコロジーを消化したいんだ。
エコロジー 【ecology】

(1)生物とそれを取り巻く環境の相互関係を研究し,生態系の構造と機能を明らかにする学問。生態学。
(2)人間を生態系を構成する一員としてとらえ,人間と自然環境・物質循環・社会状況などとの相互関係を考える科学。社会生態学。人間生態学。



ecocolo
ecocolo編集長マエキミヤコさんブログ
『コンポジット』通巻34号 特集:エココロ・インターナショナル2005
<< 「大人(アダルト)」東京事変 | main | WONKAのチョコレート付き! >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
great site
  • nasonex
  • 2006.03.23 Thursday 02:10
はめまして。

そうなんですよ、なんか盲目すぎて怖いなぁと思う時があるんです。
こういう風に感じている人はきっと私以外にも沢山いて、
私がたとえ個人的趣向として盲目な人々と同じようなことをしても、
第三者から見たら盲目に見えるんだろうなとかとか。

その行動の理由が説明されてないから結果だけ見えていて怖いのだろう、というところまで導きだしてみました。(自分分析)

もっともっと清々しく、納得いった形でエコロジーを実行したいと思います。

でも広すぎてどこから手を付けて良いか分かりません!!
プシュー。
  • you!
  • 2006.02.03 Friday 17:09
こんにちわ。初めてコメントします!
このエントリー見てすごく共感しました!!
最近、流行なの?ってくらいこの手の雑誌増えてますよね。
私も少しでもエコに気を使えたらって思うけど、
何かこの雰囲気に抵抗があってもやもや〜んとしてて
そしたら、you!サンがすごくしっくりくる言葉で
書かれてて、そうそうそうなの!!って(笑)

私は何だか「エコ」とか「スローライフ」とかを
キーワードに、極端なことまで紹介されてて
そこに違和感を感じてしまいます。
現代の生活を全て否定してしまうかのようなところ。
それを心地よい生活だとつなげているところ。
それが「おしゃれ」みたいなところ。
地に足がついてない気がして受け入れられません・・・
  • りく
  • 2006.02.02 Thursday 15:46
コメントする








 

この記事に対するフィードバック





この記事のトラックバックURL
トラックバック


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR