Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=843
2006.02.28 Tuesday

「デボーチカ」木内健

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
「あ りがとうございましたっ」
独特な抑揚をつけて淡々と、曲と曲の間に挟まれる感謝の言葉。
グレーのTシャツにくたびれたジーズを履き、等身大の木内健がそこに居る。
私はこの言葉を聞くたびに曲の魔法から解き放たれるのだ。

2月27日月曜日。
私の自宅からもほど近い、「オトナのライブハウス」として有名な小箱「グレープフルーツムーン」に友人と足を運ぶ。

階段を下り、重たい扉を2つほど明けるとあたたかな光で薄暗く照らされたカフェのような空間がグレープフルーツムーンというライブハウスだった。

ゆったりとした格好でアコースティックギターを構え、右手が弦をつまはじく。
幼さが残る面影から声が出ると突然別世界に引き込まれた。
癒しだけではない、許しだけではない、だけど甘さはない。
揺るぎない価値観を持ちながらも押し付けがましくない歌詞はまさしく「等身大」で
そのメロディーは決してちぎれないけれどどこか頼りない、柔らかな布のように聞くものを包み込む。
音楽的に詳しいレビューは私には書けないけれど、ポップスとブルースがジャムしたような、爽やかな切なさがオトナの哀愁を感じさせます。

彼のフルアルバム「デボーチカ」。
どういう意味の言葉なんだろうと調べてみたらオサレムービー「時計仕掛けのオレンジ」で使用されている「時計仕掛けのオレンジ語」でロシア語をベースにした造語devotchka→devochka→girl→少女という意味の様子。

今年は三軒茶屋を中心に活動する予定らしいし、個人的には是非ライブで生声の伸びのある琥珀色の歌声と、等身大の彼のギャップを楽しんでほしいところだけれど、まずはCDで堪能してもらっても、彼の引力の虜になるだろう。
オフィシャルサイトでは視聴もあるし、まずは耳にしてみては。
個人的には「デボーチカ」と「マイナーコード ナインスコード」がオススメ。
伸びシロを感じる熟成期であるだけに今後の展開に期待したい。
音楽のことはよくわからないけど!

デボーチカ
木内健OfficialSite

----

■追記
ネットで売ってるところ見つけたよー。
木内 健/デボーチカ pad4948722178958 2,100円(税込)
あと渋谷のタワレコにもあったよ。
手に入り難いけどぜひぜひ。
<< 食べたよ恵 | main | 不思議堂ナスカの地上絵Tシャツ >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
コメントする








 

この記事に対するフィードバック





この記事のトラックバックURL
トラックバック


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR