Instagram
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS  
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

Koyanagi.com引っ越した

一定期間更新がないため広告を表示しています

This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=860
2006.03.11 Saturday

成人思春期を乗り越えろ。ナナロク世代にサクラサケ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
普通の?記事は久々になってしまいましたね。
そうなんです。mono記事が多いときは文章を書くのが面倒なときなんです。
紹介記事は主観はふまえるけれども主体はあくまでmonoで、変な話、読書感想文で言うところの「はじめに」と「あとがき」と著者紹介から適当に抜粋すればなんとなくものが出来るって言うあれです。

この1週間はなんでしょうね、別に落ち込んではいなかったですが相変わらず考え事し続けていました。その悶々とした矛先が仕事や本や映画鑑賞に向かいやすいため、紹介したい記事が増えるわけでもありますけど。まだまだ紹介したいCDや本が雑誌がいっぱいあります。
が。そう、やっと自分の中で一つの答えを見つけて、今こうやって無駄口たたく余裕が出てきたわけです。
ハッピーの種はもうひとつあります。
姪が高校受験に合格しました!おめでとう!おめでとう!
思春期と反抗期の葛藤にも負けずよく、学業に励みましたね。
いやーうれしい。サクラサキましたよ。

しかし、最近仕事で人と人とをつなぎ合わせて紹介する機会が多いのですが先日、同業の方々を引き合わせる会がありました。
偶然全員同世代で76年生まれと77年生まれ。
そのとき聞いた話なんだけど、今、ITを引っ張っているのは5世代目だそうでそれを「ナナロク世代」と言うんだそうな。
まさに今のわたしたち。
(ちなみに第一世代はYahoo BBの孫社長くらいらしい)
それで三十路を前に男も女もいろいろ悩みの多いお年頃だよね、
と言う話に花がさく。

確かに、悩みなんて世代や年齢関係なく、
いつだって誰にだって生きている限り
多かれ少なかれつきまとうものだと思う。
ただ、あくまで持論だけれど、
悩みというのはほぼ自分が思い通りにしたい欲望というのがあって、
それがたちいかない「現実」や「現状」との葛藤、
理想点と着地点のすり合わせなだけであって、
悩んでいる時点でほぼ答えは決まっている。
あとは覚悟するだけなのだ。

理想へ払う労力と、現実を選ぶ安全性とのせめぎ合いで
どちらを重要視するかは個人の性格や主義次第。
しかもそれらは多くの場合おおよそ傾向が決まっている。
だから、「悩む」というのはその覚悟を決めるまでの準備期間である、
と私は思っている。

しかし、
思春期の「悩み」というのは一般的なそれとは異なっているように思う。
成長期であるが故の未知なる自分に対する賭けを行わなくてはならないのだ。
努力から生まれる成長利率が全く読めない中、判断しなくてはならない。

これは前者に述べた「理想と現実のすり合わせ」ではない。
未知へ対する完全な「博打」だ。

しかも、掛けられているのは自分の「未来」。
さらに思い描く「理想」が見えていたり、見えていなかったりしている。
不安と焦り、それに対して用意してあるけれども
ベクトルを見いだせないエネルギーが暴走する思春期。

振り返れば、その博打は例え負けてもいくらでも軌道修正出来たりするわけだけれど、新雪に初めて付ける足跡は緊張するじゃないですか。

実は、そんな思春期現象がこの「ナナロク世代」にも起こっている。
同世代は体感しているのではないかしら?

大人になったのである程度の割り切りを持って、
立ち止まったりせず淡々と日常をこなすことは出来る。
けれどこのままで良いのか。
三十路を前にターニングポイントを探り始めるわけです。

女性なら理想の母親像やキャリアウーマン、
男性だったら父親像と野心。

さんざん語り尽くされている葛藤だけれどやはり悩む。
しかも十代と違ってそんな腹を割った話もしなくなるし。
比べられない葛藤を飼い慣らして日常をこなす不安。
これをある方が「成人思春期」と呼んでいてナルホドと頷いてしまった。

初対面同然なのにもかかわらず、1つぶっちゃけるとどんどんオープンマインドになるナナロクの面々。逆に恥ずかしすぎて話しにくいことも「初対面同然」だから言いやすいのかも。
解散する頃にはすっかり成人思春期談義に花が咲き、かなり楽しかった。
私は時として異常なほどの合理主義で、その場が楽しいだけの会話には興味がない。(だから合コンとか向かない)
勢いでみんなのお腹の中ものぞけたし、私のどろっとしたやつもこのブログ並みにペペッとはき出せて大満足。本音にしか興味がないの。
またやりましょう、ナナロクナナナナ会。
成人思春期特有の鬱蒼とした静かなるエネルギーにサクラサカせましょう。

ちなみに、私はナナナナの方なんでよろしく。
でも今年で29才かー。こえええ!

とにかく十代思春期ちゃん、十代思春期くんのみんな、おめでとう。高校で一生の友達を作ってくれい。
<< 邦題:TEDDY DEATH-テディです!-(原題READY TEDDY DEATH) | main | SWEET SAKURA TEA >>


This entry permalink URL : http://yours.jugem.cc/?eid=
2016.04.09 Saturday

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Koyanagi.com引っ越した
コメント
ああ!曖昧な記憶…

あれから友達と人生相談するのが流行に。
今更まじめで気恥ずかしい話するのが楽しいです。
  • you!
  • 2006.03.13 Monday 03:58
ナナロク世代の800です。
いやー、楽しかったね。

ちなみにナナロク世代は第三世代でした。

http://dic.yahoo.co.jp/tribute/2006/03/03/1.html
  • notfound800
  • 2006.03.12 Sunday 20:07
私もそーいやナナロクです。
漠然とした不安感は常にあるねぇ。
先日、友達が結婚半年で妊娠したとメールが来ました。
私たち夫婦は子供は持たない予定なのですが、周りがね・・・なんだか真綿で首を絞められているよう。
仕事に野心がある訳でもなく、母親にもならず、やっぱ、マズいんかなー?
今、夢がないのはよくないかもしれない。
  • かあら
  • 2006.03.11 Saturday 15:07
コメントする








 

この記事に対するフィードバック





この記事のトラックバックURL
トラックバック


コヤナギ ユウ YU KOYANAGI
KoyanagiYu Yu Koyanagi:Graphic Designer, Illustrator, Editor, Blogger
twitter. @KoyanagiYuinstagram.com/koyanagiyu/
The chief editor for Tokyo Nylon Girls.(http://nylongirls.jp/) The world Chengdu panda ambassador semi-finalist (2012). Special knowledge in Shinto culture.(I have license for Shito knowledge test!) Love coffee and chocolate. (I don't drink alcohol unfortunately)

コヤナギユウ
デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。77年新潟生まれ。生クリームとマヨネーズが苦手で英語が不自由。コーヒーとチョコレートが好きな、神社検定3級、世界成都パンダ大使セミファイナリストカナダ観光局公認ブロガー観光大使。 >>くわしく
オススメのレポート記事


奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダ・イエローナイフへ行く理由

カナダ・ホワイトホース&ドーソンシティでオーロラハント

桜前線を追いかけいて、石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち

水と土の芸術祭2012

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要
株式会社 yours-store(ユアーズストア)会社概要

PR